絶対正義

第3回 2019年2月16日(土)放送 あらすじ

暴走する正義!!新たなる怪物の罠!?女達の逆襲!!不倫相手の(秘)本妻にみな実悶絶!?

範子(山口紗弥加)の行き過ぎた正義に追いつめられ、息子を連れて児童相談所に相談に行った由美子(美村里江)は、和樹(桜井ユキ)から弁護士を紹介してもらい離婚調停の準備を始めていた。麗香(田中みな実)は、範子に知られてしまった不倫相手との記事は事務所にもみ消してもらったものの、落ち着かない日々を過ごしている。理穂(片瀬那奈)は、会社の経理を頼んだ範子のあまりの杓子定規ぶりが社内で軋轢を生んでいることを心配する一方、夫・ジョーイ(厚切りジェイソン)との不妊治療がうまくいかないことに悩んでいた。
そんな折、由美子は以前会ったことがあった範子の娘・律子(白石聖)がコンビニで万引きをしようとしている所に居合わせる。律子は、感情より正義を優先する母への反発から、範子を試そうとしていた。店から連絡を受け、範子は理穂、和樹と一緒に店へと向かう。法に背くことは誰であろうが許さない範子は、自分の娘を警察に突き出そうとする。「自分の子供だろうと関係ない。この世で最も優先すべきものは、正義よ」と言う範子に対し、思わず由美子らは「人を追いつめるのが正義なの?違うでしょ?」と範子を糾弾してしまう。押し黙ったままその場を去る範子だったが……。
一方、高校時代に範子の告発で懲戒解雇になった元教師の矢沢(水橋研二)はそれ以来、範子を恨み続けていた。そして本当の正義を範子に教えようと復讐の準備を進めていた。
そんな中、和樹の著書がノンフィクションの最高峰・竹下賞にノミネートされることになった。そして、その吉報と同じタイミングで範子は理穂の会社に休暇届を出していた。いぶかしがる和樹たちだったが、範子が休暇を取ったのにはあるとんでもない理由があった。それは、和樹のジャーナリスト生命を脅かしかねないことだった…。

キャスト

高規範子/幸恵: 山口紗弥加
西山由美子: 美村里江
理穂・ウィリアムズ: 片瀬那奈
今村和樹: 桜井ユキ
石森麗香: 田中みな実

ほか

スタッフ

【企画】
横田誠(東海テレビ)

【原作】
秋吉理香子「絶対正義」(幻冬舎文庫)

【脚本】
仁志光佑
谷岡由紀

【チーフプロデューサー】
市野直親(東海テレビ)

【プロデューサー】
浅野澄美(FCC)
郷田悠(FCC)

【演出】
浅見真史(FCC)

【音楽】
木村秀彬
佐藤浩一

【主題歌】
嘘とカメレオン『ルイユの螺旋』(キングレコード)

【制作著作】
FCC

【制作】
東海テレビ

オススメ番組