水球ヤンキース

第2回 2014年7月19日(土)放送 あらすじ

ミズタマでてっぺんとりたいヤツ集合!

カス高の廃校を阻止するため、水球で水蘭を倒すことを決意した稲葉尚弥(中島裕翔)は水球部員集めに奔走するが、マイルドヤンキーたちのモチベーションは低く、誰一人として入部を希望する者はでてこない。それでも男気をもったヤツが必ずいると信じる尚弥はプールへと向かったが、誰一人いない泥水とゴミで埋まったプールを前に言葉を失ってしまう。
水球部の発足に反対する教頭の桑原半蔵(北村有起哉)に条件付きながら顧問になることを承諾させた英語教師の青山千春(大政絢)は、尚弥の強い覚悟を知り、かたい握手を交わす。
そんな2人の姿を見ていたのは、千春に好意を持つ千秋亮(間宮祥太朗)とその舎弟の宮口幸喜(矢本悠馬)。一度は尚弥の誘いを断った千秋と幸喜だったが…。
水球経験者の三船龍二(山崎賢人)をなんとかして入部させたい尚弥は、まず龍二と幼なじみの3バカトリオ・木村朋生(千葉雄大)、志村公平(中川大志)、加東慎介(吉沢亮)を入部させようとするがまったく相手にされない。ところが、千春の顧問就任により、最初の態度とは打って変わってなんとか入部しようと画策する千秋と幸喜から「これをお使いください」と渡されたものを見せると、3バカトリオの態度は一転。3人の入部は決まったかに思えたが、そのことで水球部発足を阻止したい教頭の桑原や水蘭高校水球部員の郷田剛(鈴木伸之)たちから様々な妨害を受けることになる。

スタッフ

【脚本】
徳永友一
麻倉圭司
松田沙也

【プロデュース】
藤野良太

【演出】
宮木正悟
品田俊介

【音楽】
高見優
やまだ豊

【制作】
フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組