任侠ヘルパー

第4回 2009年7月30日(木)放送 あらすじ

詐欺ヘルパー現る

 翼彦一(草なぎ剛)と四方木りこ(黒木メイサ)は、顧問・羽鳥晶(夏川結衣)から、「ヘルパーは家族になれない」と言われて以来、利用者との関係性について思いを巡らせていた。美空晴菜(仲里依紗)は、そんな2人が気にかかる。
 そんな折、彦一が車椅子の老婦人・北浦ナツ(島かおり)の散歩の付き添いをしていると、ナツがひとりの女性(山田優)を見つけて声を上げる。ナツが玲子と呼びかけた女性は、ナツがひとり暮らしをしていた頃、自宅に来ていたヘルパーだという。玲子は、自分を見つめる彦一に宇野玲子だと名乗る。
 その後、玲子が、「タイヨウ」にやってくる。美人で気立てのいい玲子は、施設の利用者だけではなく、施設のオーナー・園崎康弘(大杉漣)や鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、二本橋賢吾(宇梶剛士)らからも人気となる。そんなとき、和泉零次(山本裕典)は、ナツが玲子に預金通帳を渡しているのを目撃する。
 彦一は壁に向かいキャッチボールの練習をしている羽鳥涼太(加藤清史郎)を見る。彦一に気づき、後を追ってきた涼太に、ケンカした友だちとはどうなったかと尋ねると、涼太は、母親の晶が謝りに言ったと悪びれずに話す。そんな涼太と別れ、歩いていると、通りがかったアパートから老婦人と出てくる玲子の姿を目撃する。老婦人が、玲子を「あゆみ」と呼びかけているのを聞いた彦一は、何かが引っかかり…。

キャスト

翼 彦一 … 草なぎ剛
四方木りこ … 黒木メイサ
和泉零次 … 山本裕典
鷹山三樹矢 … 薮 宏太(Hey!Say!JUMP)
黒沢五郎 … 五十嵐隼士
美空晴菜 … 仲 里依紗
六車雅人 … 夕輝壽太
羽鳥涼太 … 加藤清史郎
日野弥生 … 中別府 葵
堀井皐月 … 安田美沙子
    ○
鷹山源助 … 松平 健(特別出演)
    ○
二本橋賢吾 … 宇梶剛士
園崎康弘 … 大杉 漣
羽鳥 晶 … 夏川結衣

ほか

スタッフ

■脚本
 古家和尚

■企画
 後藤博幸

■プロデュース
 牧野 正

■演出
 葉山浩樹

■音楽
 河野 伸
 高見 優

■制作
 フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組