ミラー・ツインズ

第5回 2019年5月4日(土)放送 あらすじ

新章突入!誰が誰を裏切っている?圭吾が闇堕ち!?ラスト5分に衝撃が!

勇吾(藤ヶ谷太輔)の存在が警察に確認され一連の殺人事件の重要参考人と認定されたことで、圭吾(藤ヶ谷/2役)の容疑は晴れた。しかし――里美(倉科カナ)と勇吾が一緒にいるところを目撃してしまった圭吾は、内心の動揺を隠しきれずにいた。
一方、勇吾もまた混乱していた。最後の復讐相手・海野(湯江タケユキ)が自分ではない何者かに殺されてしまったのだ。と、そこに一本の電話が。受話器の向こう側の言葉に耳を澄ませる勇吾。電話を切ると小さく呟く。「俺たちの復讐は、まだ終わっていない」
一方、皆川(高橋克典)と詩織(武田梨奈)は、海野殺害事件について調べていた。毒殺という今までの事件とは違う手口。なぜか現場から持ち去られた携帯電話。顔見知りの犯行を疑う皆川たち。さらに海野の周辺を調べた皆川らは、元暴力団員の山沢(新羅慎二)という男にたどり着く。バーで働く山沢の元を訪ねる二人。しかし、裏口から逃げられてしまう。詩織が山沢を追うが、格闘の末、階段から転げ落ちてしまい――!
「警察官が襲われた。これはゆゆしき事態だ」
久能(石黒賢)がついに捜査本部に乗り込んでくる。葛城勇吾と山沢は繋がっている。赤城(渡辺大)を中心に捜査本部は勇吾確保に動き出す。
納得のいかない皆川は、山沢の周辺を探るべきだ、と進言するが久能が下した判断は――!?
そんな中、圭吾は里美の元を訪ねていた。
「勇吾には恋人がいるのかもしれない」
圭吾の言葉に、里美は追い詰められて―――

キャスト

葛城圭吾: 藤ヶ谷太輔
葛城勇吾: 藤ヶ谷太輔
白石里美: 倉科カナ
赤城克彦: 渡辺大
久能詩織: 武田梨奈
久能源一郎: 石黒賢
皆川耕作: 高橋克典
ほか

スタッフ

【企画】
横田誠(東海テレビ)
小西真人(WOWOW)

【脚本】
高橋悠也

【音楽】
林ゆうき
小畑貴裕

【監督・演出】
村上正典(共同テレビ)

【プロデューサー】
市野直親(東海テレビ)
青木泰憲(WOWOW)
黒沢淳(テレパック)

【制作協力】
テレパック

【製作】
東海テレビ/WOWOW

オススメ番組