火の粉

第7回 2016年5月14日(土)放送 あらすじ

説教部屋 今夜私が教育します

『恐怖のマッサージチェア』
梶間家では、尋恵(朝加真由美)が新品のマッサージチェアに満足そうな様子で座っていた。それは武内(ユースケ・サンタマリア)からのプレゼント。居間に鎮座する大きなマッサージチェアを俊郎(大倉孝二)が邪魔扱いするが、武内の報復を恐れる勲(伊武雅刀)はそれに激高する。ところが数日後、勲の心配など露も知らぬ尋恵と俊郎は、空き部屋にチェアを移動させてしまう。それを武内に見られてしまった勲は必死に弁解するが…。「お気に召しませんか?」武内の目に、勲は戦慄する。

『ヨーロッパ出張』
仕事の都合で、1週間ほどヨーロッパに出張に行くという武内。その留守を狙い、雪見(優香)と勲は、武内の本性を知らない尋恵と俊郎に、事実を告げる。「もし武内の好意を無下にすれば…皆殺しにされるんだ。的場さん一家のように!」しかし、その事実を知らされた尋恵は、思わぬ反応を見せる。「家族を何だと思っているの?ずっと私たちのことを騙していたの?」真実を告げたことで、逆に家族がバラバラに…。そして尋恵は、荷物をまとめて家を出て行ってしまう。

『個人面接』
危機を迎えた梶間家に、再び武内が現れる。「放っておけるわけがない!皆さん一人一人と話をさせてください!」家族それぞれの思いを吐き出させるため、一人ずつ奥の部屋に呼び出し、話を聞く武内。しかし、その真の目的は…?

キャスト

武内真伍:ユースケ・サンタマリア
梶間雪見:優香
 ・
梶間尋恵:朝加真由美
梶間俊郎:大倉孝二
梶間まどか:庄野凛
 ・
佐々木琴音:木南晴夏
池本亨:佐藤隆太
 ・
梶間勲:伊武雅刀

スタッフ

【原作】
雫井脩介「火の粉」(幻冬舎文庫)

【主題歌】
鈴木雅之「Melancholia」(作詞・作曲 松任谷由実)

【脚本】
香坂隆史
高橋悠也

【演出】
森雅弘
竹村謙太郎

【プロデュース】
市野直親(東海テレビ)
高橋史典(ケイファクトリー)

【制作・著作】
ケイファクトリー

【制作】東海テレビ

オススメ番組