dinner

第9回 2013年3月10日(日)放送 あらすじ

あぁ、神様!料理長が不在

江崎究(江口洋介)、木村数馬(八嶋智人)、浜岡孝太郎(志賀廣太郎)、平石雅弘(渡辺邦斗)は、常連客の依頼のケータリングサービスで海辺の別荘へ来ていた。パーティーが終わり、4人は別荘を出発するが、江崎が土産物店へ寄ると言い出した。店内に並んだ魚介類に目を輝かせてはしゃぐ江崎。その頃、『ロッカビアンカ』で仕込みを行っていた今井耕助(松重豊)が、荷物を運ぼうとして腰を痛め、動けなくなってしまった。辰巳沙織(倉科カナ)から連絡を受けた江崎たちは、慌てて土産物店を飛び出すが、国道の渋滞にはまってしまう。抜け道を行くと、しばらく行ったところで通行止めになり、再び国道へ戻ることに。数馬は沙織に、オープンに間に合わないと連絡を入れ、江崎は予約の6組分の料理は今いる厨房スタッフで作るように指示を出す。沙織は瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)と相談し、江崎たちが戻るまでは予約客以外は断ることにする。
店がオープンし、6組の予約客がやってきた。夏野大樹(袴田吉彦)たちが必死で料理を作っていく中、新たな8人の団体客がやって来た。断ろうとするが、実は沙織の記入ミスで、ちゃんと予約がしてあったことがわかり、受け入れることに。ところが江崎たちは再び道に迷っていてあと1時間はかかるという。沙織から店内と江崎たちの状況を聞いて、困惑しながらも調理に取り掛かる厨房スタッフたち。そんな矢先、江崎たちの乗った車が故障してしまう…。

スタッフ

【脚本】
小川真

【編成企画】
鹿内植

【プロデュース】
小椋久雄
山崎淳子

【演出】
土方政人

【音楽】
佐橋俊彦

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組