ビブリア古書堂の事件手帖

第1回 2013年1月14日(月)放送 あらすじ

偽のサインと古書に秘められた謎

「ビブリア古書堂」の店主・篠川栞子(剛力彩芽)のもとに、古書の査定のため五浦大輔(AKIRA)がやってくる。大輔が持ち込んだのは、亡くなった祖母の蔵書『夏目漱石全集』で、その『第八巻それから』に「夏目漱石」と署名があったため、サインが本物なら高く売れるのでは、と期待した母・恵理(松坂慶子)から頼まれたものだった。
本を手にじっと考え込んだ栞子は、やがてサインは偽物だと言った。大輔は礼を言い立ち去ろうとするが、栞子はサインを書いたのは祖母自身としか考えられないと話す。唐突な話に、証拠はあるのかと尋ねた大輔に、栞子は祖母にまつわる驚くべき推論を展開していく。
後日、「ビブリア古書堂」を訪ねた大輔は、恵理に確認した結果、栞子の推論が事実だったと話す。本を見ただけでなぜそこまでわかるのかと興奮気味の大輔に、栞子は困惑し言葉を濁す。
その数日後、栞子と再会した大輔は再び「ビブリア古書堂」へやってくる。そこで、自分は本を読むと気分が悪くなる体質だと明かすが、栞子は大輔にこの店で働いてみないか、と言う。古書店の人間に必要なのは、本の内容ではなく市場価値の知識だと説く栞子。迷いながらも大輔は、その申し出を受けることに。
翌日、大輔が「ビブリア古書堂」にいると、志田肇(高橋克実)がやってきた。志田は荷物をカウンターに置くと、栞子に小山清の『落ち穂拾ひ』が盗まれたと言った。それを聞いた栞子は…。

キャスト

篠川栞子<しのかわ・しおりこ>(23):剛力彩芽
五浦大輔<ごうら・だいすけ>(30):AKIRA

笠井菊哉<かさい・きくや>(29):田中圭
藤波明生<ふじなみ・あきお>(38):鈴木浩介
横田奈津実<よこた・なつみ>(30):北川弘美
篠川文也<しのかわ・ふみや>(18):ジェシー(ジャニーズJr.)
小菅奈緒<こすが・なお>(18):水野絵梨奈
佐々木亜弥<ささき・あや>(20):トリンドル玲奈
橋本さやか<はしもと・さやか>(23):内藤理沙

篠川智恵子<しのかわ・ちえこ>(46):安田成美

五浦恵理<ごうら・えり>(53):松坂慶子
志田肇<しだ・はじめ>(52):高橋克実

ほか

スタッフ

【原作】
三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫)

【脚本】
相沢友子

【演出】
松山博昭
宮木正悟

【音楽】
☆Taku Takahashi(m-flo/block.fm) & ARTIMAGE CREW

【制作】
フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組