報道・情報部門 体感しなくちゃ始まらない!いざ、「生の情報発信の場」へ!

今年も報道局・情報制作局の合同で開催決定!
取材の裏側、原稿の書き方、映像編集法など、OAのノウハウを知りたい皆さま!
キャスターが画面で見せない顔、言わない本音を生で見たい&聞きたい皆さま!
報道と情報の違いがイマイチ分からないそこのあなたも!
この機会に現場で疑問を全て解決しませんか?

  • 実施内容・応募方法
  • 報道Q&A
  • 情報Q&A

学生の皆さんから多く寄せられてる質問に、お答えいたします。

  • 情報と報道の違いはなんですか?

    報道は記者クラブに所属し官庁や警察などから情報を入手し、それを正確かつ素早く放送することを目的にしているのに対し、情報はそういった一次的な情報を多角的にとらえ、『わかりやすく』した上で放送することを目的としています。
    また情報は生活、趣味、流行など報道のニュースにならないものについても紹介することがあります。

  • 情報で取材やリポートはできますか?また、ディレクターとして番組制作もできますか?

    取材・リポートはかなり多いです。
    素早さを求められる報道では取材・構成・編集などが分業化しているのに対し、情報はそれをすべて1人の担当ディレクターが行うことが多いです。
    また、入ったばかりはADとして働くことになりますが、数年修業したらもちろんディレクターに昇格します。

  • 報道現場で必要とされる人物像は?

    「このニュースを私の責任で視聴者に伝えるのだ!」という気迫を持った人です。そして、物事を一方向からではなく、多面的に見られる人です。

  • 情報制作局で働く上で必要とされる人物像は?

    色々なことに興味がある人、そしてそれを追い続ける熱意と夢がある人。
    最後に人に伝えることが大好きな人だと思います。

  • フジテレビ情報と他局の情報の違いは?

    それぞれ番組のカラーがあるので局によって明確な差を見つけるのは難しいですね。
    ただ、フジテレビ経験のある他局の人からよく聞くのは、フジテレビの情報は『アットホーム』で『のびのびしてる』、『仲間意識が強い』らしいです。
    情報だけではないかもしれませんが、番組”愛”みたいなものも強く、家族のような仲間に出会える職場だと思います。

  • 休みはどのくらいありますか?

    大きな事件が起きたりして休みが少なくなってしまう時もあれば、7〜8日休める時もあります。
    また、時期は違うかもしれませんが夏休み(10日間ほどの長期休暇)はほとんどの人がとっています。

  • 一日平均何時間勤務?

    情報では『泊り』と呼ばれる、担当前日から担当日にかけて準備し、OAするという勤務体系もあるので、その場合は長時間の勤務になることもあります。 よって平均は出しづらいのですが、あえて出せば10時間ぐらいでしょうか。 総じて、ONとOFFの「メリハリ」がある職場だといえます。

  • 海外取材はできますか?

    企画次第で海外に行く機会はたくさんあります。 1年間で10カ国以上飛び回っている人もいます。 旅行では簡単にいけない場所、見ることのできない場所に行ける魅力があります。 冒険のようなスリリングな経験も沢山できると思います。

  • 情報は幅広いジャンルを扱っていますが、新しいネタはどうやって探していますか?

    いろんな人と話をしたり、新聞・ネットを見たりしています。街中で見つけることもあります。
    以前、街で歩いてて「最近短パンの男多いな〜」とボソッとつぶやいたものが10分以上の企画VTRになったこともあります。
    幅広く観察し、面白いと思えればそれがネタです。

【クリエイターズスクールに関する質問】
  • どうしても外せない用事ができてしまい、出席できない日があるのですが、受講することはできますか。

    事務局
    基本的には、全日程参加できることが前提とさせていただいております。
  • 受講しないと採用に不利になりますか。

    事務局
    このスクールは、採用試験とは全く別物です。受講できなくても不利になるようなことは一切ありません。
  • 受講する際に、何かしらの費用等はかかりますか。

    事務局
    受講料は無料ですが、交通費や地方から上京した際の宿泊費などは個人で負担していただきます。
  • 将来、番組制作に関わる仕事に就きたいのですが、どのような職種がありますか。

    事務局
    ドラマ・バラエティ・スポーツ・情報番組が主に番組制作の仕事ですが、報道でもドキュメンタリーなどの番組を制作することがあります。
  • 海外の大学生ですが、応募することはできますか。

    事務局
    もちろん大丈夫です。ただし、スクールの開催期間中は日本にいて、参加できることが原則です。また、交通費は支給されないのでご注意ください。