天誅~闇の仕置人~

第4回 2014年2月14日(金)放送 あらすじ

痛快!仕置5人組!淋しさにつけ込む極悪組織から少女を救え

突如、現代に現れた謎の女・サナ(小野ゆり子)は、命の恩人・正子(泉ピン子)と契約を結び、古武術師範・松田(京本政樹)と七色の声を持つミツ子(三ツ矢雄二)、鍵師の八巻(柳沢慎吾)と共に「闇の仕置人」となる。刑事の一之瀬(竹財輝之助)はサナが最近世をにぎわしている「フードマン」事件の当事者であると確信し、サナを問い詰める…。
八巻が勝手に「ヘルプ天使~トラブル解決します~」という「闇の仕置人」のホームページを立ち上げた。最初の依頼は「三也296」と書かれた謎の暗号メール。八巻とミツ子はそれについて調べ始める。一方、村田家では、嫁の恭子(白石美帆)が娘の加奈子(葵わかな)が高額なお小遣いを要求してきた事を心配していた。正子も不安を感じ、サナに探らせることにする。サナと買い物に出かけた加奈子は、自分は足が不自由なせいでなかなか友達ができず、最近できたミサという友人に合わせるために、色々欲しいものがあるのだと嬉しそうに語る。
そんな時、再び「ヘルプ天使」のホームページにメールが来る。そこには、「この子、援交しそう、止めて!」という文面と加奈子の画像が…!ミサのバックには援助交際を仕切っているグループの大元締め・秋葉(加藤虎ノ介)がいて、加奈子に援交をさせようとしていた。クラスメートの芹菜(森迫永依)はそれを知り、加奈子を救おうとメールを送ってきていたのだ。

キャスト

サナ:小野ゆり子
村田正子:泉ピン子
松田竜次:京本政樹
八巻辰:柳沢慎吾
東条ミツ子:三ツ矢雄二
一之瀬大和:竹財輝之助
首藤重吉:嶋田久作
三平弥生:鷲尾真知子
村田恭子:白石美帆

ほか

スタッフ

【脚本】
高橋幹子
根津理香

【企画】
前田和也(FCC)
清水一幸(フジテレビ)

【編成企画】
羽鳥健一(フジテレビ)

【プロデュース】
中山ケイ子(FCC)

【協力プロデュース】
竹田浩子(FCC)

【演出】
西浦正記(FCC)
小林和紘(FCC)

【メインテーマ曲】
朝倉紀行

【音楽】
得田真裕
真鍋昭大

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
FCC

オススメ番組