真昼の悪魔

第6回 2017年3月11日(土)放送 あらすじ

悪魔に惚れた御曹司の苦悩…歪んだ愛が生む衝撃の結末

『復讐』
ある日病院に、我儘で尊大な老人男性が診察に訪れる。葉子(田中麗奈)はすぐに、この患者が婚約者の大塚(大倉孝二)の父親だと見抜く。大塚の父親も、包み隠さずはっきり物をいう葉子を気に入り、葉子を担当医にして入院することを決める。

一方、病院からの脱出に成功した難波(中村蒼)は、変装して待ち伏せし、自分を裏切った吉田(鈴木省吾)に殴りかかる。しかし止めに入った渡来(福田ゆみ)の説得もあり落ち着きを取り戻すと、葉子への復讐のシナリオを練り始める。

大塚の父は病状が進行し、余命は長くなかった。しかし人を見下すような態度は相変わらずで、見舞いに訪れた大塚に対しても「俺が死んでもお前に会社は譲らない。遺言書は書き換える!」と言い放つ。そんな父を見て怒りに震える大塚。その大塚の感情の揺れを見逃さなかった葉子は、遺言書を書き換えられる前に死期を早める提案を持ちかける。

鬱陶しい父親の存在に苛つく大塚。1人酒を煽っていると、目の前に1人の男が現れる。それは葉子への復讐に燃える難波だった。意を決した難波は大塚に言う。「大河内先生は、人殺しです」。しかしその様子を、遠くからじっと眺める葉子の姿が―――

キャスト

大河内葉子: 田中麗奈
難波聖人: 中村蒼
芳賀明善: 篠原篤
吉田誠: 鈴木省吾
渡来倫子: 福田ゆみ
浅川純: 瑛蓮
大塚陽一: 団時朗

大塚光: 大倉孝二
神父: 伊武雅刀(今回登場なし)

スタッフ

【企画】
横田誠(東海テレビ)

【原作】
遠藤周作『真昼の悪魔』(新潮文庫刊)

【脚本】
香坂隆史

【音楽】
大間々昂
兼松衆
田渕夏海

【主題歌】
倖田來未「On my way」(rhythm zone)

【演出】
千葉行利

【協力プロデューサー】
市野直親(東海テレビ)

【プロデュース】
遠山圭介(東海テレビ)
高橋史典(ケイファクトリー)
馬場三輝(ケイファクトリー)

【制作著作】
ケイファクトリー

【制作】
東海テレビ

オススメ番組