僕の歩く道

第5回 2006年11月7日(火)放送 あらすじ

結婚式の奇跡

「都古、結婚しよう」。河原(葛山信吾)にプロポーズされて驚いた都古(香里奈)は、アパートの階下に輝明(草なぎ剛)を待たせていたことを思い出し、慌てた。ツール・ド・フランスの歴代優勝者をしゃべり続けていた輝明は、「僕を怒っちゃダメ!」といつになく激しい口調で言い出す。都古は里江(長山藍子)に連絡し、輝明とともに堀田(加藤浩次)の診察室へ。堀田によると、「混乱した時にフラッシュバックを起こして、昔のことを鮮明に思い出し、その時の感情におちいることもある」という。それは、テンジクネズミを輝明が逃がした夜、都古が「テルのせいでしょ!?」と言ったことだ。深く反省する都古に、「輝明さんと話していると、よく都古さんの名前が出ときます」と、堀田は、輝明の都古への信頼を告げた。
輝明に親しみを覚え始めた幸太郎(須賀健太)は、公園で弱った子猫を見つけ、「飼育係でしょ」と輝明に相談する。輝明は子猫を都古の部屋に連れて行き、部屋にいた河原が自分の動物病院で預かってくれることになった。話が済んでも帰ろうとしない輝明を誘い、夕食をとる三人。ところが食事が終わっても「河原さんは?」と輝明は帰ろうとしない。仕方なく河原は輝明と一緒に部屋を出て、別々の方向に帰るふりをしてから、都古の部屋に戻った。
帰ってきた輝明から河原の名前を聞いた里江は、都古に恋人がいることを初めて知ることとなる。後日、里江は都古と会い、いつまでも輝明のことで都古に頼ろうと思っていないことや「都古ちゃんには都古ちゃんの人生がある」と話す。里江は輝明に都古の手を借りなくても生きていって欲しいと思っているのだ…。

キャスト

大竹輝明 … 草なぎ 剛
松田都古 … 香里奈
大竹秀治 … 佐々木蔵之介
大竹りな … 本仮屋ユイカ
大石千晶 … MEGUMI
三浦広之 … 田中 圭
     ●
堀田丈二 … 加藤浩次
     ●
大竹真樹 … 森口瑤子
河原雅也 … 葛山信吾
大竹幸太郎 … 須賀健太
亀田達彦 … 浅野和之
     ●
古賀年雄 … 小日向文世
     ●
久保良介 … 大杉 漣
     ●
大竹里江 … 長山藍子

スタッフ

■脚本
 橋部敦子

■演出
 三宅喜重(関西テレビ)

■アソシエイトプロデューサー
 石原 隆(フジテレビ)

■プロデューサー
 重松圭一(関西テレビ)
 岩田祐二(共同テレビ)

■音楽
 本間勇輔

■制作
 関西テレビ
 共同テレビ

オススメ番組