絶対零度~未解決事件特命捜査~

第4回 2010年5月4日放送 あらすじ

秘密

 4係に送付主不明の木箱が届いた。行方不明捜索担当者宛てになっていたその木箱を桜木泉(上戸彩)が開けると、そこには人骨の一部が入っていた!
 検査の結果、人骨は11年前に捜索願が出されていた中学校教師で天文学部の顧問をしていた朝倉聡(中野英樹)で、死亡時期が同時期であること、骨に土が附着していたことから土に埋められていたことがわかった。当時、朝倉の失踪は事件性が低いと判断され、残された資料が少ないため、4係は最後に朝倉を目撃した天文学部の生徒だった4人を訪ねることに。朝倉が死んでいた事実にもさして驚かず、部員同士も卒業後は連絡をとっていないと証言する水木丈太郎(金井勇太)、風間進(北条隆博)、四之宮真紀(篠原真衣)だが、泉と倉田工(杉本哲太)が訪ねた火浦忠広(遠藤雄弥)はマンションから転落した直後だった。慌てて救急車を呼び、一命をとりとめたものの意識不明の火浦。しかし、指紋から木箱の送り主であることがわかった。火浦の自宅から押収された証拠品には天文部への思い入れの深さがうかがえる、4人で写っている写真や天文部の日誌のコピーなどが出てくるが、火浦の件で改めて取り調べを受けるために警察に来ていた水木と風間は顔を合わせてもろくに会話もしない。2人の様子に、友達と疎遠になっている自分を重ね合わせ寂しさを感じる泉だが、長嶋秀夫(北大路欣也)からの助言もあり、天文部の日誌をチェックし始めた。
 翌朝、中学校校長からの通報で朝倉が埋められていた穴が発見された。場所は中学校の裏山で、骨や衣類、免許証などのほかに、特殊な物質で作られたネックレスがみつかった。高峰涼子(山口紗弥加)は、何かに気付き押収品を調べ始める。一方、火浦のパソコンを調べていた竹林匠(木村了)は、火浦のブログの最新記事に意味深なメッセージとコメント欄のある特徴を発見する。それをヒントに白石晋太郎(中原丈雄)と泉は、ある場所へ向かうが…。

キャスト

桜木 泉 … 上戸 彩
塚本圭吾 … 宮迫博之
高峰涼子 … 山口紗弥加
深沢ユウキ … 丸山智己
大森紗英 … 北川弘美
竹林 匠 … 木村 了
白石晋太郎 … 中原丈雄
倉田 工 … 杉本哲太
 ・
長嶋秀夫 … 北大路欣也

ほか

スタッフ

■脚本
 酒井雅秋

■企画
 成河広明

■プロデュース
 森 安彩

■アソシエイトプロデューサー
 瀧山麻土香

■演出
 村上正典
 岩田和行

■制作
 共同テレビ
 フジテレビ

オススメ番組