密着!中村屋ファミリー 勘九郎七之助に世界が喝采&7歳5歳涙の猛稽古SP

密着!中村屋ファミリー 勘九郎七之助に世界が喝采&7歳5歳涙の猛稽古SP

11月9日(金) 19:57~21:55

放送内容

亡き勘三郎の思いを継いで・・・勘九郎、スペインで連獅子に挑む
勘太郎と長三郎の最新映像とともに中村屋ファミリーの特別な一年を独占取材!

放送内容詳細

歌舞伎の名門・中村屋を四代にわたり追い続けている、フジテレビ独占取材のドキュメンタリー番組『中村屋ファミリーSP』。今年12月で中村勘三郎さんが亡くなって6年、七回忌となりますが、今年は中村屋にとっては大きな節目、“特別”続きの年になりました。
2018年の中村屋の挑戦は、2月に始まります。七之助さんが博多座公演で、人気の「お染の七役」を演じ、七役早替りに挑戦します。今年の七之助さんは、数々の大役に抜擢されます。それは、女方として高まり続ける評価に加え、兄・勘九郎さんが大河ドラマの撮影のため、代わって七之助さんが中村屋を支える一年となったのです。
5月は、恒例の渋谷・コクーン歌舞伎。大河ドラマのため、勘九郎さんの姿は稽古場にありませんでした。そこで主役と座頭に選ばれた七之助さんは、座頭という大きなプレッシャーの中、コクーン歌舞伎と続く長野県松本市での公演に挑みます。松本での千穐楽では、あるサプライズが待ち受けていました。それはかつて、父・勘三郎さんに用意されていたあるものでした・・・。
続く6月、平成中村座が、ついにスペインに乗り込みます。情熱の国で披露するのは、歌舞伎を代表する舞踊「藤娘」と「連獅子」。

かつて、父である勘三郎さんが演じていた親獅子を、勘九郎さんが舞います。仔獅子に抜擢されたのは、部屋子(※一般の家庭から歌舞伎役者として入門し、作法や芝居などを学ぶ)の中村鶴松さん。勘三郎さんに“3人目のせがれ”と呼ばれるほど目をかけられていたお弟子さんです。しかし、鶴松さんは、仔獅子をうまく踊ることができません。怒る勘九郎さん、それを見かねた七之助さんが早朝稽古で鶴松さんに手を差し伸べます。親子獅子の物語に倣って、かつての勘三郎さんと息子たちのように、鶴松さんも這い上がってこられるのでしょうか?

8月、歌舞伎座の納涼歌舞伎では、七之助さんが大奮闘。落語の名作を新作歌舞伎として演じあげます。その評価のほどは…絶賛を浴びるのです。さらに、七之助さんの挑戦は9月にも続きます。パリの国立劇場での歌舞伎公演に中村獅童さんとともに臨みます。そして、スペインに続きフランスでも大喝采が彼を待っていたのです。

いよいよ迎えた10月は、歌舞伎座での勘三郎七回忌追善公演です。
松本白鸚さん、片岡仁左衛門さん、坂東玉三郎さんなど、豪華俳優陣が勘三郎さんを偲び大舞台に立ちます。そんな大物たちと、勘九郎さんと七之助さんは、勘三郎さんが演じてきた数々の古典の大役に挑みます。

勘三郎さんの兄貴分だった豪華俳優陣と、まさに“歴史的競演”という大変な華やかさの中、亡くなった勘三郎さんを思い涙あふれるある場面も…。そして11月、浅草での平成中村座。勘九郎さんの二人の息子、勘太郎くんと長三郎くんも、これまでにない重要な役を与えられます。厳しい稽古に挑み、ついにこの大舞台に立ちます。公演初日となる11月1日、果たして無事にやり遂げることができるのでしょうか? 10月の歌舞伎座の大舞台と孫たちがそろって挑む11月の平成中村座、この二つの追善公演を空から勘三郎さんはどんな気持ちで見ているのでしょうか?

金曜プレミアム 『密着!中村屋ファミリー 勘九郎七之助に世界が喝采&7歳5歳涙の猛稽古SP』は、11月9日(金)午後7時57分から放送。勘三郎さんが亡くなって6年、息子・勘九郎さんと七之助さんの挑戦、孫の“小さな中村屋”勘太郎くんと長三郎くんの涙の特訓を受けながらも成長する姿、新着の平成中村座の舞台の様子をまじえて、「中村屋」ファミリーの熱き一年を汗と涙と笑いでつづった2時間のスペシャル番組としてお届けします。

<チーフプロデューサー・西村 朗(フジテレビ情報企画開発センター)コメント>

「フジテレビが勘三郎さんとその家族にカメラを向けて、実に30年になります。その間に中村屋ファミリーに生まれた喜びと悲しみ、様々な出来事を番組は大河のように綴ってきました。このドキュメンタリーは歌舞伎という伝統芸能継承の話にとどまらない、どなたにも共感してもらえる“大きな家族の物語”です。是非、ご家族一緒に見てください」

出演者

中村勘九郎
中村七之助
中村勘太郎
中村長三郎
前田 愛
ほか

【語り】
金子ノブアキ
武田祐子

スタッフ

【監修】
吉崎典子

【協力】
ファーンウッド
松竹株式会社

【演出】
松木 創

【ディレクター】
幸田理一郎
花枝祐樹

【プロデューサー】
坂口和之進
後藤 博

【チーフプロデューサー】
西村 朗

【制作協力】
共同テレビ

【制作著作】
フジテレビ

番組へのメッセージ