中村屋ファミリー2020 待ってました!勘九郎 七之助 試練と喝采の幕開けSP

中村屋ファミリー

第49回国際エミー賞にノミネート
最新作 2021年 年末放送が決定!

放送内容

9月23日(木)、アメリカ・ニューヨークで第49回国際エミー賞のノミネート作品が発表された。アメリカTV界のアカデミー賞と称される「エミー賞」の海外部門版であるこの賞の「芸術番組部門(Arts Programming)」に、昨年12月に放送されたドキュメンタリー番組『中村屋ファミリー2020 待ってました!勘九郎 七之助 試練と喝采の幕開けスペシャル』がノミネートされた。全世界から優れた作品が集まる中、日本から選出された唯一の番組となる。日本の伝統文化・歌舞伎を継承し、コロナ禍で苦悩しながらも常に挑戦し続ける中村屋を追う本作品、最優秀賞の獲得が期待される。

この番組は、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大する2020年、400年以上にわたる歌舞伎の伝統を受け継ぐ名門・中村屋を背負う六代目・中村勘九郎が、「エンターテインメントは今、必要とされていないのか?」と自問自答を繰り返し、苦悩しながらも、奇跡のような舞台を創りあげる姿を追ったドキュメンタリー。

フジテレビの「中村屋密着ドキュメンタリー」は、30年以上にわたり中村屋一門を追い続けており、これまで地上波だけで20本のスペシャル番組が放送され、2007年には日本民間放送連盟賞テレビ教養番組部門・優秀賞を受賞、2013年には映画化もされている。コロナ禍となりエンターテインメント業界が危機に陥った昨年も、中村屋一門の協力を得て感染対策をしながら撮影を行い、長期密着の放送をつないだ。2021年も撮影を続けており、今年も年末に番組を放送することが決定した!今年は、今まで培った30年以上の秘蔵映像を交え、史上最年少の親子『連獅子』の舞台など、歌舞伎の継承の力をお見せする。

ノミネート作品
『中村屋ファミリー2020待ってました!勘九郎 七之助 試練と喝采の幕開けSP』
英語版タイトル『Kabuki Actors’Anguish - Is Entertainment Nonessential? 』
ホームページはこちら

番組へのメッセージ