ようこそ、わが家へ

第2回 2015年4月20日(月)放送 あらすじ

混迷する犯人像と謎の動機

ある日、突然、理不尽な悪意にさらされることとなった倉田家。ポストに傷つけられた猫が入れられ、不気味なFAXを自宅に送りつけられた健太(相葉雅紀)は、警察に通報する。やってきた警官に父の太一(寺尾聰)は、家に届いたFAXから犯人を突き止められないか要請。一方、傷ついた猫は治療を受け、七菜(有村架純)の提案から倉田家で飼う事になった。
太一が『ナカノ電子部品』に出社すると、先日、不正を指摘しながら返り討ちにされた営業部長・真瀬博樹(竹中直人)にやゆされる。そんな真瀬の新たな不正の疑惑を、部下の西沢摂子(山口紗弥加)から報告される。今度は接待費の横領だった。
陶芸教室に通う珪子(南果歩)は、講師の波戸清治(眞島秀和)からお茶に誘われる。断ろうとする珪子だが、主婦仲間の下村民子(堀内敬子)の勧めもあり行く事にした。
健太は、ひょんなことから知り合った女性記者・神取明日香(沢尻エリカ)に会うため、勤めている出版社へ。そして健太は明日香に、あれから自宅に起こった出来事を話す。

スタッフ

【原作】
池井戸潤「ようこそ、わが家へ」(小学館文庫)

【脚本】
黒岩勉

【プロデュース】
羽鳥健一

【演出】
中江功
谷村政樹

【制作】
フジテレビ

オススメ番組