無痛~診える眼~

第3回 2015年10月21日(水)放送 あらすじ

熱血刑事が抱える…殺意の秘密

為頼英介(西島秀俊)は井上和枝(浅田美代子)と亡き妻、倫子(相築あきこ)の墓参り。暗くなりそうな為頼を和枝が陽気にサポートする。
その頃、早瀬順一郎(伊藤淳史)を県警本部の元同僚が訪ねて来た。彼は3年前に早瀬が逮捕した篠崎(松下洸平)の退院を知らせる。篠崎には殺人容疑がかけられたが、妄想型統合失調症と診断され無罪となり、精神科病院に入院していた。すぐさま早瀬が病院へと向かうと、母親に付き添われた篠崎が出てきた。かつて、息子を逮捕した早瀬の姿を見た篠崎の母親は、病気が治った息子を刺激するなと言い放つ。
そんなある日、早瀬に太田武司(馬場徹)が深夜に発生した殺人未遂事件について話す。20代の女性が男に顔を殴られ、首を絞められたというのだ。早瀬は被害者の指の爪が剥がされていなかったかと聞くが…。
為頼が診療所で診察していると、早瀬がやって来た。太田から聞いた殺人未遂事件について話す早瀬は、よく似た事件が3年前にも発生したと言う。その時は、被害者は殺害され薬指の爪を剥がされていた。犯人は篠崎。早瀬は、無罪となった篠崎は病気を装っていたのではないかと疑っている。そして、為頼に篠崎を診て欲しいと詰め寄る。
早瀬に付き合い篠崎を診た為頼は、犯因症を確認。すると、即座に早瀬は篠崎の尾行を開始する。
一方、白神陽児(伊藤英明)の病院では問題が発生していた。南サトミ(浜辺美波)が病室からいなくなったのだ。焦って探し回る高島菜見子(石橋杏奈)。さらに、菜見子に迫る謎の影が…。

スタッフ

【原作】
久坂部羊「無痛」(幻冬舎文庫)

【脚本】
大久保ともみ
香坂隆史

【編成企画】
清水一幸(フジテレビ)

【プロデュース】
貸川聡子

【アソシエイトプロデュース】
稲田秀樹

【演出】
佐藤祐市
木下高男
山内大典

【音楽】
塩谷哲

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組