マルモのおきて

第7回 2011年6月5日(日)放送 あらすじ

双子の実母、ついに現る!涙のお誕生日パーティー

 護(阿部サダヲ)は、薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)がもうすぐ誕生日だと知る。一緒に暮らして初めての誕生日を祝ってやりたいと考えた護は、双子に何が欲しいかを尋ねる。しかし双子は「サンタさんにお願いしたから大丈夫」と話す。護はサンタさんはクリスマスにしか来ないから、何が欲しいのか教えて、と言うが亡くなった双子の父・笹倉(葛山信吾)から他の人に教えたらいけないと言われた双子は欲しい物を話そうとしない。そんなある日、双子が学校から下校途中、双子の実の母・あゆみ(鶴田真由)が双子に声をかけて、クッキーを手渡すが、母親は死んだと聞かされている双子は知らない人からもらえないと断る。一方護は、あこがれのかな(滝沢沙織)を食事に誘って、付き合ってほしいと告白をする。引き続き、双子の誕生日プレゼント探しをする護。護が双子と暮らしている事情を知らないあけぼの文具の同僚に「知り合いの」子供にプレゼントをしたい、と相談すると、息子のいる民子(千葉雅子)から、サンタさんにプレゼントをお願いするときは手紙を書いて大事な箱にしまうものだと聞いて、家中を探す。護はやっとそれらしき箱を発見する。そんなある日、あゆみが護を訪ねてきて…。

スタッフ

■脚本
 櫻井 剛
 阿相クミコ

■編成企画
 瀧山麻土香
 水野綾子

■プロデュース
 橋本芙美

■演出
 河野圭太
 城宝秀則

■音楽
 澤野弘之
 山田 豊

■制作
 フジテレビ

■制作著作
 共同テレビ

オススメ番組