マルモのおきて

第11回 2011年7月3日(日)放送 あらすじ

おきてを守ったからずっと楽しかったよ。マルモありがとう、そしてさようなら

 護(阿部サダヲ)は、あけぼの文具開発部の元上司・梅原(飯田基祐)から、開発部に戻らないかと打診される。その様子を見ていたお客様相談室の同僚は護に、寂しいけれど応援すると話す。ある日護は、薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)、そしてムックに温泉旅行を提案。急にどうして? と双子に聞かれて焦る護だったが、ムックが「大人には息抜きが必要なんだよ」と助け船を出す。ある日、護はあゆみ(鶴田真由)と喫茶店で待ち合わせをして、死んだ親友で双子の父親である笹倉が、あゆみに宛てた手紙を読んだ話をする。その頃、薫と友樹は温泉旅行の思い出を再びと、ムックを空の桶に入れて温泉ごっこに夢中になっていた。護はあゆみと共に自宅に戻り、2人に「大事な話がある」と切り出すが…。

スタッフ

■脚本
 櫻井 剛
 阿相クミコ

■編成企画
 瀧山麻土香
 水野綾子

■プロデュース
 橋本芙美

■演出
 河野圭太
 城宝秀則

■音楽
 澤野弘之
 山田 豊

■制作
 フジテレビ

■制作著作
 共同テレビ

オススメ番組