フジテレビのCSR活動

2008年度活動報告

2008年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
報道・情報番組発
エコアナ
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2008年度社会貢献トピックスフジ厚生年金基金が国連の責任投資原則(PRI)に署名
2008年度社会貢献トピックス

フジ厚生年金基金が国連の責任投資原則(PRI)に署名

[2008年7月9日更新分]


久保田理事長が署名したPRI証書


ソウルでの署名式典(1)(2008.6.17)


ソウルでの署名式典(2)
(左から3番目が久保田理事長)


PRI署名式典で国連環境計画金融
イニシアチブ特別顧問・末吉竹二郎氏と
握手する久保田榮一理事長

フジテレビが設立母体の一つとなっているフジ厚生年金基金(理事長:久保田榮一)では、平成20年4月1日、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEPFI)が提唱する「責任投資原則(PRI)」に、日本の厚生年金基金として初めて署名しました。

「責任投資原則」は、国連によって提唱された投資面でのCSRガイドラインとも言えるもので、年金運用などの投資をする場合に“環境上の問題・社会の問題・企業統治の問題”に配慮していくことにより、CSR推進企業を間接的にバックアップし、持続可能な地球環境作りに貢献していこうというものです。

平成20年6月30日現在、およそ計1500兆円の資産運用高を代表する約380(うち日本は13)の運用機関等が同原則に署名し、活動の輪を拡大しています。

同基金では、厚生年金基金としての受託者責任を全うするだけでなく、年金資産運用を通じて地球環境や社会により良い影響を及ぼし持続可能な社会の実現に寄与することも重要な社会的責任(CSR)と考えています。このたび国連の「責任投資原則」に賛同し署名することで、その取り組み姿勢を国内外に表明しました。

PRI署名に伴う具体的な活動としては、CSRに積極的な企業を中心に投資していくSRI(社会責任投資)ファンドでの運用を年金資産の一部で平成19年度より実施しています。

同基金の「責任投資原則(PRI)」への署名は、金融機関以外では日本で2番目、厚生年金基金では初めてのケースとなり、この署名をきっかけに日本でも同様の活動の輪が拡がることが期待されています。


責任投資原則(PRI)

  • 私たちは投資分析と意志決定のプロセスにESG(環境・社会・企業統治)の課題を組み込みます。
  • 私たちは活動的な(株式)所有者になり、(株式の)所有方針と(株式の)所有慣習にESG問題を組み入れます。
  • 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
  • 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います。
  • 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
  • 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.