息もできない夏

第6回 2012年8月14日(火)放送 あらすじ

19年の秘密…すべてを切り裂く訪問者

玲(武井咲)は、鮎川(要潤)と出会い、激しく動揺する葉子(木村佳乃)を目の当たりにする。これまでの行いを謝罪する鮎川を前にしても、震えながら拒絶する葉子に同調する玲。鮎川が家から去って行った後、玲は一時的にせよ鮎川の戸籍には入らないと葉子に謝る。
鮎川が家に現れたと連絡を受けた香緒里(浅田美代子)は、その旨を夏目周作(北大路欣也)に伝える。玲の家へと急ぐ周作は、家から出てきた鮎川と遭遇する。鮎川につかみかかり、詰問する周作だが、鮎川は「ただ謝りに行っただけ」と答え、さみしそうに去って行った。
急いで、区役所の夜間受付に向かった玲。樹山(江口洋介)に、やっとの思いで提出したばかりの書類の返却を求める。玲は、鮎川におびえる葉子を見て、葉子を守るためにも鮎川の戸籍には入らずに戸籍を作る裁判を行うという決意を樹山に伝える。
玲は、樹山の助けもあって、法律事務所を訪れ、弁護士に裁判のことを相談する。弁護士は、玲が望む谷崎姓での戸籍取得には、まず玲が鮎川の子供ではないという「親子関係不存在」が認められる必要があり、その上で発行される「裁判所の謄本」と「確定証明書」を出生届と共に、区役所に提出することで谷崎姓の戸籍を作ることが可能だと話す。
玲は裁判をするために法律事務所に行ったことを葉子に話す。葉子に悲しい思いをさせたくない一心で考えたことであったが、葉子の反応は意外なものだった。

スタッフ

【脚本】
千葉美鈴

【編成企画】
太田大(フジテレビ)

【プロデュース】
川西琢

【監督】
池辺安智

【音楽】
井筒昭雄

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組