アフリカの夜

アフリカの夜

放送内容

放送内容

1999年6月24日(木)放送終了

番組紹介

 国際線の飛行機が燃料補給のために立ち寄る空港。ごく一部の降りる客を除けば、ほとんどは乗り継ぎ(トランジット)の客。空港を出ることができない制限された時空。新たな飛躍のために、ただそこにいる人々。人生にもトランジットがある。きっと──必要な通過点が。貴女も「メゾン・アフリカ」で人生をトランジットしないか?
 杉立八重子(鈴木京香)29歳。きのう、彼女はハネムーンに旅立つ直前の成田空港で、目の前で婚約者が業務上横領の容疑で逮捕されるという、女として致命的な体験をした。彼女の昔の恋人は、超寡作の映画監督・木村礼太郎(佐藤浩市)。当時、映画を1本(すごく評判になったが)撮ったきり、定職にもついていなかった礼太郎の自由な生き方に惹かれながらも、すべてを捨ててついていく勇気がなかった八重子は、何となく彼と別れてしまった。
 進退極まった杉立は過去と訣別し、新しい自分を探すため、親元を離れ、賑やかな商店街の外れにあるアパート「メゾン・アフリカ」に移り住んだ。そこで出会った奇妙だが生命力にあふれた奴ら。奈良から上京しているレースクィーン上がりの売れない女優、最大のボリュームで自由な独り暮らしを謳歌するひたむきでワガママな女・相沢有香(松雪泰子)。たまに話のつじつまが合ってないときがあるという以外はとても面倒見のいい惣菜屋「おかずの山ちゃん」のおかみさん・山室みづほ(室井 滋)。そして有香の隣には、アナーキーでワガママな女子大生・木村 緑(ともさかりえ)が兄を慕って出入りしていた。
 ふとしたことからアパート「メゾン・アフリカ」に移り住んだ杉立八重子と、そこで出会った一癖も二癖もある住人たちの織りなす恋愛と友情と人生のドラマ。いつの間にか「メゾン・アフリカ」の素敵な世界に引き込まれること間違いなしです!

出演者

杉立八重子(29) … 鈴木京香
相沢有香(27) … 松雪泰子
丸山みづほ(39) … 室井 滋
木村 緑(19) … ともさかりえ
木村礼太郎(37) … 佐藤浩市
丸山良吉(44) … 國村 隼
佐々木巡査 … 梅垣義明
本間直人 … 沢木 哲
火野史郎(35) … 松重 豊

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組