すべてがFになる

第9回 2014年12月16日(火)放送 あらすじ

有限と微小のパン…殺人テーマパークの謎 天才博士最後の犯罪

スーツケースを手にした西之園萌絵(武井咲)は、「ユーロパーク」に到着した。パーク内の貸別荘で犀川ゼミの旅行が計画されていたが、大株主である萌絵は前乗りしてパークを運営するナノクラフト社長の塙理生哉(城田優)と食事の約束をしていた。塙は現在のIT業界で一番の成功者と言われる人物で、萌絵との縁談が浮上したこともあった。
事情を知った儀同世津子(臼田あさ美)は、犀川創平(綾野剛)に萌絵が心配ではないのか、と聞く。
萌絵を出迎えたのは、塙の秘書の新庄久美子(青山倫子)だった。萌絵は久美子にパーク内のホテルに案内され、早速、部屋に入った萌絵は、電話の横のメモに書かれた不可思議なメッセージに目を留める。すぐに犀川に電話をし、それが自分の死を予告するものではないか、と話すが、犀川は単なるいたずらで気にすることはないと答える。
塙との会食の時間になり、萌絵は久美子とエレベーターに乗り込む。久美子がエレベーターにカードキーを差し込むと、表示パネルにはなかった「B1」のボタンが現われた。地下にナノクラフトの研究施設があるが、その存在を知っているのは社内でも限られた人間だけだ、と久美子は話した。地下に着くと通路を歩き、さらに別のエレベーターで今度は1階に上がる。地上に戻ったと思いきや、エレベーターホールの外に出ると、そこは教会の内部だった。すると、塙が現われて…。

スタッフ

【原作】
森博嗣「すべてがFになる」他S&Mシリーズ作品(講談社文庫)

【脚本】
黒岩勉
小山正太

【編成企画】
成河広明
加藤達也

【プロデュース】
小椋久雄
貸川聡子

【演出】
城宝秀則
小椋久雄
小林義則

【音楽】
川井憲次

【制作】
フジテレビ

【制作著作】
共同テレビ

オススメ番組