ポルノグラファー
FOD
グッズ
着ボイス

2018年7月からFODにて配信開始。同年8月からフジテレビにて地上波で放送もされた、ドラマ『ポルノグラファー』はその配信ドラマとしての特性をいかんなく発揮し、FODオリジナル作品としては異例の大ヒットを記録しました。Twitterを中心とするSNS上での視聴者の反響は特に大きく、毎話配信・放送されるたびにSNSのトピックスとして上位にランクインし話題となり、放送終了後も番組の終了を惜しむ声などがたくさん寄せられました。視聴者方々の「『インディゴの気分』も映像化してほしい!」という声も多数あり、今回、満を持して『インディゴの気分』のドラマ化が決定いたしました。

FOD連続ドラマ『インディゴの気分』は、祥伝社の発行する漫画雑誌「on BLUE」に2016年8月から連載されていた同作名の漫画を原作としたドラマで、上記のドラマ『ポルノグラファー』の過去編となります。ドラマ『ポルノグラファー』は、主人公のポルノ小説家・木島理生と大学生の久住春彦を中心としたラブストーリーでしたが、『インディゴの気分』は、木島理生と木島の編集担当・城戸士郎の二人の過去を描いた作品となります。しかしながら、ただの過去編にとどまらず、そこに前作に引き続いての久住春彦の登場と、『ポルノグラファー』ファンにとっては、目が離せない構成になっています。メインキャストは木島理生役を竹財輝之助が、城戸士郎役を吉田宗洋が、久住春彦役を猪塚健太と前作『ポルノグラファー』からのメンバーが引き続き演じます。

物語は、城戸士郎が大学の恩師の葬儀で、かつての同級生であった純文作家の木島理生と再会するところから始まります。かつて学生時代の木島は小説家としてその才能をいかんなく発揮し、学生という立場でありながら大きな賞を獲っていました。城戸は木島の才能に嫉妬していましたが、木島の作品を読むことで自分には才能がないことを十分思い知らされ小説を書くことを諦め、ポルノ小説の編集者となったのでした。しかし、再会した木島は生活さえままならない状況で、小説家としての壁に直面していました。そこで城戸は木島にポルノ小説を執筆しないかと話を持ち掛けます。

その後、城戸は自分の都合でポルノ作家の大家・蒲生田のもとへ木島を弟子入りさせようとします。蒲生田は余命いくばくもなく、その遺作となる作品を自社から出版させるため木島を利用したのでした。しかし、木島“理生”という名前から蒲生田は女性と勘違いしていて城戸に対して激怒。木島を弟子入りさせる条件として悪趣味で鬼畜と有名な蒲生田は“あること”を二人に命じます。そして二人は一線を越えた関係になってしまい…

前作『ポルノグラファー』は、木島と久住の純愛を描いた作品でしたが、本作ではラブストーリーに加え、城戸の木島に対する憧れと嫉妬が混在する様や、木島の苦悩から欲情など本能に近い感情が描かれます。ますます目が離せない『ポルノグラファー』劇場をお楽しみください!

写真
コメント

まさかもう一度“木島理生”に逢えるとは思っていませんでした。これも観てくださった方々の熱い想いのお陰だと思っています。有り難う御座います。多少なりとも皆さんを振り回せた、ということでしょうか?ふふ。ほぼ同じスタッフ・キャストでまた皆さんを官能的な世界へお連れするべくこの世界に浸りたいと思います。お楽しみに。

コメント

またこの世界に戻ってこられた事が本当に嬉しく、企画制作として動いてくれたスタッフの皆様、そして声をたくさん届けてくれたファンの皆様に感謝しかありません。‬ポルノグラファーを撮影する際に大切にした木島への想い。そして自分の過去との葛藤を思う存分ぶつけます!‬是非ご覧頂けたら幸いです。

コメント

『インディゴの気分』を映像化すると一報をもらった時、喜びと共に最初に頭をよぎったのは、『ポルノグラファー』を観てくれていた方々の事でした。それだけ、皆様の『ポルノグラファー』への愛と熱が伝わっている証です。本当にありがとうございます。インディゴは木島先生と城戸さんの過去のお話ということで、春彦としては非常に複雑な想いで台本を読み進めております。しかしながら、またもう一度、久住春彦として”先生”に逢えることをとても嬉しく思います。インディゴの世界に春彦がどう絡んでくるのか、皆様も是非楽しみに待っていてください。