フジテレビのCSR活動

2013年度活動報告

2013年度活動報告TOP
TOPICS
社会貢献活動
環境
災害支援
番組
TOP2013年度災害支援トピックス~食育出前授業~ハロー!どっこくんin宮城県東松島市
2013年度 災害支援トピックス

~食育出前授業~ハロー!どっこくんin宮城県東松島市

[2014年1月28日更新分]


野蒜駅ホーム
12月18日、宮城県東松島市でフジテレビが行う『ずっとおうえん。プロジェクト』の一環として食育イベント『ハロー!どっこくん。』を開催しました。
今回は仙台放送の東日本大震災特別企画『ともに』で東松島市を震災直後から取材しているディレクターの紹介で幼稚園・保育園3ヵ所にお邪魔しました。

クリスマスが近いこの日のクリスマス帽をかぶって登場した先生は戸部洋子アナウンサーと仙台放送の広瀬修一アナウンサー。
そして可愛らしいクリスマス衣装を着た仙台放送のジュニ君。
東松島の子ども達は『ハロー!どっこくん。』のイベントを心待ちに、お土産を準備して待っていてくれました。

フジテレビ 戸部洋子アナウンサー
仙台放送 広瀬修一アナウンサー
サンタ姿ジュニ君

フジテレビ 戸部洋子アナウンサーからのメッセージ

仙台から車で1時間半、東松島市に行って参りました!
やはり、東京よりは空気がだいぶ冷たく感じますね。

まず最初に訪れたのは、「小野保育所」。
ここは野蒜、牛網、小野の津波被害にあった3つの保育園が合同となって運営されている保育園。
施設は、仮設のコンテナです。
仮設から本格的に移動するにはまだ時間がかかるそう…

  「BOSCH社」から寄贈されたコンテナ


今回は仙台放送の広瀬アナと一緒に活動です。
子どもたちに「今朝うんちしてきた子~?!」と聞くと、
みんな元気よく「は~い!」とお返事!
みんな、どっこくんのお話に真剣に耳をかたむけてくれました。
そして最後に子どもたちの似顔絵が書かれたカードをプレゼントしてもらいました!みんなありがとう!


続いて向かったのは、「のびる幼稚園」。ここも津波の被害をうけ、小野地区にある洋裁工場の建物を間借りして運営されているんです…。とてもとてもちいさな幼稚園。ここではマイクもいりません!
入ってすぐに子どもたちとおしゃべりしながら仲良しに。
紙芝居の中の、季節の野菜をみんなに見つけてもらうところでは、みんなもう元気元気!
われ先にとみんなで指をさしてくれました!

最後は、なんとみんなが私たちにむけてお見送りのトンネルを作ってくれたんです!
小さな子どもたちの手と手のトンネル。みんなの笑顔のトンネルをくぐってお別れです、みんなとっても優しい。

笑顔トンネルを抜ける戸部アナウンサーと広瀬アナウンサー

その後、被害にあった海岸や野蒜駅にも足を運びました、以前取材で訪れた際とほとんど変わっていない景色にただただ言葉を失います。

以前に訪問したときとほとんど変わっていない



午後は、「矢本西保育園」へ。とても大きなお庭の綺麗な保育園。
近くには、自衛隊の戦闘機が、空中回転の訓練をしている姿も
すぐ近くに見ることができます。
どっこくんのお話、どっこくん体操とみんな真剣に元気よくダンス!
仙台放送のアイドル、ジュニ君にも子どもたちは大興奮です!
ジュニ君、今日もキレキレなダンスだね~!
記念撮影、握手と子どもたちの笑顔にこちらも元気をもらいました。
最後に素敵なお菓子のプレゼントまでいただいてしまいました。本当にありがとう!


野蒜駅線路
まだまだ本格的な復興までには時間がかかるのか…
改めて感じた今回の訪問でした。
子どもたちの笑顔が、途切れることのないよう、
これからも活動を続けていきたいと強く思うばかりです。

文:戸部洋子(フジテレビ アナウンサー)

仙台放送 広瀬修一アナウンサーからのメッセージ

今回は東松島市の3つの施設にお邪魔しました。


1ヵ所目が、津波被害のため、仮設コンテナで運営されている小野保育所です。みんな朝早かったのか、最初の「おはようございます」の声がやや小さめ。(笑) ただ、発声練習をしてみたところ、最初の何倍もの声で「おはようございます」を返してくれました。
初めは恥ずかしかっただけなのかな?
少し言っただけで変わってしまう、子どもたちの成長に脱帽です。


続いて、のびる幼稚園。
こちらは津波被害のため洋裁工場の建物を間借中。
これまでも小規模の施設で読み聞かせを行ったことがありましたが、そういった施設はどこも、子どもたちとの距離が近いのが特徴です。


のびる幼稚園の子どもたちも、イベントに積極参加。
「この紙芝居のページの中に“ふきのとう”があるけど、どこにあるか分かる?」などと質問すると、必ず前に出てきて答えてくれます。
例え正解でなくても、自信を持って答えてくれました(笑)


最後に伺ったのが矢本西保育園。
こちらはホールがとても綺麗。
そして、子どもたちの整列もとってもキレイ。
毎回イベントの最後にジュニ君と写真撮影をするのですが、こんなに行儀よくジュニ君とハイタッチする保育園は記憶にありませんでした。


3ヵ所とも異なる個性があって、色々な所に良さがあります。
沢山の子どもたちと出会えるのが、これからも楽しみです。

文:広瀬修一(仙台放送 アナウンサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.