フジテレビジュツの仕事

    ワイドナショー

    2014年4月〜 
    毎週日曜日 9:55~11:15

    • 美術制作:板谷 栄司
    • アートコーディネーター:林 勇
    • 大道具:小山内 涼
    • アートフレーム:石井 智之
    • 装飾:門間 誠
    • 電飾:白鳥 雄一
    • アクリル装飾:斉藤 佑介

    ビジュツのヒミツ①

    装飾アイテム飾付け4人で2時間

    日曜の午前、
    「ああ今日は出かけそびれちまったなあ」というアナタに、
    最近話題のあのネタをめぐる徹底討論ショーをお届け。
    スタジオも“週末気分”をくすぐる小物であふれ返っています。

    フジテレビのレギュラー番組の中では、
    一二を争う装飾アイテム。その数ざっと280個。

    毎週の収録の度、
    おなじみの“のりダン”から取り出して
    装飾スタッフが、4人がかりで2時間かけて飾ります。

    試行錯誤を経て今の配置にたどり着いて3年。
    全てのアイテムが今ではほぼ定位置に飾られます。

    飾り棚は、番組特製“WIDE”棚と“SHOW”棚。

    「E」とか「H」は飾りやすいのですが、

    「W」は下にたまってこんなカンジ。

    「S」の棚は、なかなかの難物。

    デッサン人形が、何とかズリ落ちないように
    胸を突っ張って頑張っているのでした。

    あ、ちなみに“na”は、MCテーブルの上空にあります。

    トークにうなずいたり、怒ったりするその合間に、
    お気に入りのアイテム探しをしてみる手もあるかも?

    ビジュツのヒミツ②

    気づいた?装飾スタッフの遊び心

    “予定調和”を拒否した、
    ホンネの持論を展開する出演者。
    スタジオの飾りも、負けじと独特な感性に響く世界。

    レトロアメリカンから和風まで。
    “ちょっと欲しい”レアなアイテムが勢ぞろい。
    音楽やクルマ、マリンレジャー関係の小物も。

    “遊び心”も、ところどころにまぶしております。
    女神もスヌーカーがお好き?

    ただのグラスじゃつまらない、ということで
    レトロな電球で満たしてみました。

    MCテーブルのLEDライトにも、ひと工夫。

    美術スタッフが特注でつくった、
    透明なアクリル三角錐をライトの上にのっけると、
    天板ガラスを支えるおしゃれなインテリアに変身です。

    この飛行船オブジェも、アクリル装飾のスタッフが作りました。

    バーカウンターの奥には洋酒ボトルの数々。
    これも小道具です。

    装飾倉庫は、カオス状態。
    きちんと整理しておかないと、大変なことになってしまいます。

    装飾スタッフにとって、倉庫のどこに何が置かれているかを
    把握しておくのは、基本中の基本。
    その上で、セレクトセンスを問われる仕事なのであります。

    倉庫の一角には、ちゃんと酒瓶のコレクション棚もありました。

    デザインのヒミツ

    平面図