フジテレビジュツの仕事

    Love music

    2015年10月〜 
    毎週日曜日 24:30〜25:25

    • 美術プロデューサー:三竹 寛典
    • アートコーディネーター:鈴木 あみ、鈴木 真吾
    • 大道具:楢崎 善正、井田 正也
    • アクリル装飾:犬塚 健
    • アートフレーム:三浦 文裕、加藤 悟
    • 電飾:後藤 佑介、川西 絋平
    • プラントプランナー:後藤 健
    • フラワーアレンジ:山寺 由美
    • 視覚効果:鈴木 希望

    ビジュツのヒミツ①

    表情豊か?曲ごとに変身!

    音楽番組は、曲ごとにセットが変化するといっても過言ではありません。
    基本セットに様々な表情を加えて、バリエーション豊かに表現します。
    この番組の基本セットは2杯。

    Aセットは、屋外のテラスをイメージしたもの。
    しっとりと歌い上げるバラード調の曲はこちらで撮ることが
    多いとか。何本もの柱や、草花の飾りが特徴。

    Bセットは、
    室内のライブハウスをイメージしています。
    バンドやダンスグループなど、
    テンションMAXのステージでもOK。
    LEDビジョンやバリーライトもふんだんに設置されています。
    リズムに合わせてプログラムされた光の演出効果が生きます。

    でもここはテレビスタジオ。
    実際のライブ会場と違うのは、カメラを通した画像を届ける点。
    カメラワークとのコンビネーションが命なので、
    映像ならではの装飾・小道具が活躍します。

    「ナメる」ためのアイテムは各種取り揃えています。
    花で飾った柱をナメて、チラっと覗いたり、
    ランプシェードをカメラの前に置いたり、
    もちろん「観客ナメ」も重要なショットです。

    背景のオブジェも、セットの表情を変えるのに重要なアイテム。
    ミラーを駆使したり、
    シャンデリアを吊ったり、
    ペガサスが飛ぶこともあるんです。
    曲の数だけアイデアが必要なので、デザイナーも大忙しです。

    ビジュツのヒミツ②

    モーター制御で動くセット

    大きなセットを支えるためには、鉄骨が威力を発揮。
    フジテレビでは
    「アートフレーム」のスタッフが組み上げます。
    画面に映っても様になるように、
    配置もデザインされています。
    イカツいものから軽量なものまで
    「トラス」の種類も様々。

    音楽番組では、
    吊っているセットを動かして印象を変えます。
    収録本番でもタイミングに合わせて動かすことも。

    その動きを操作する制御盤がこちら。
    工場にある機械そのままで無骨な見た目ですが、
    実力は十分。
    1台で32個のモーターを操り、
    時間制御もプログラムできます。
    通常の収録ではこの制御盤が3台も登場。
    ってことは、
    実に100個近いモーターでセットを動かしているんです。

    欄間のように吊られたこの「トラス」も、
    もちろん上下移動OK。
    隙間からクレーンカメラがベストショットを
    狙えます。

    スパイダーをイメージしたBセットの柱も、
    全部上げればこんなカンジ。
    モーターが頑張りました。

    曲のサビに入った途端、ダイナミックにセットが跳ね上がる
    なんて場面も記憶にあるはず。
    ライブさながら、観客の興奮を盛り上げることにも
    一役買っているんです。

    ビジュツのヒミツ③

    「生花装飾」&「植木装飾」のプロ集団

    Aセットで目を引くのが、色とりどりの植栽。
    アーティストの足元が透明な時は、
    お花畑の上で歌えます。
    美しく垂れ下がるお花の帯は、取り外しも自由自在。

    生花から造花まで、
    草花全般の飾りを担当するのが「生花装飾」のスタッフです。
    照明の効果を計算に入れた花の色の選択は、
    テレビならではのセンス。

    トラスを埋め尽くす花の絨毯は、ひとつのアート作品です。

    照明に映えるホワイトリーフの林や
    流木オブジェなどを担当するのは
    「植木装飾」のスタッフ。

    生きている木を配置したり、
    枯れ木や流木でアートなオブジェを作ったり、
    表現方法も多種多様です。

    実は、スタジオ倉庫の一角でも、
    きちんと植木を育てています。
    海外の珍しい植物の研究も怠りません。
    開花の調節や葉や枝の剪定など、
    生き物相手のプロ集団。
    無理な発注にも、ボタニカルな知識を総動員して対応します。

    ビジュツのヒミツ③

    舞台転換で大活躍「ドレー台」

    音楽番組では、演出が曲に合わせて考えたカット割りをベースにどういう映像をつくっていくかが勝負。
    カメラの動き、サイズ、照明のタイミングを考えた美術的演出が求められます。

    デザイナーを中心に、美術スタッフで知恵を出し合い映像のクオリティーを高めていきます。
    もう一つ、美術スタッフに求められるのが、
    スムーズな進行。
    モタモタしていては、
    アーティストのテンションが落ちてしまいます。

    音楽番組の舞台転換の時に活躍するのが、コレ。
    「ドレー台」と呼ばれる楽器運搬用の引き枠です。

    セットのデザインに合わせた効率的な形で作ります。
    様々なドレー台を、
    楽器の大きさや量によって、使い分けています。

    画面に映らないからということで、
    見た目は気にしない。
    重すぎてもいけないので、箱馬と平台を組み合わせた、シンプルなものに落ち着きました。
    見た目より安全優先。軽くて頑丈です。

    音楽の大型特番のバックヤードでは、
    バンドごとに楽器の積み下ろしが大変。
    生放送の場合は、
    舞台転換も何度もリハーサルを重ねて本番に。
    美術スタッフの手際が問われます。

    デザインのヒミツ

    水曜日のカンパネラ「一休さん」コンテ

    水曜日のカンパネラ「一休さん」屏風イメージ

    セットイメージ