フジテレビジュツの仕事

    めざましテレビ

    1994年4月〜 
    毎週月〜金曜日 4:55〜8:00

    • 美術プロデューサー:豊田 亮介
    • アートコーディネーター:堀内 信武
    • 大道具:裏隠居 徹
    • 大道具操作:杉本 孝宏
    • アクリル装飾:松本 健、日野 直治
    • 電飾:平野 寛、下地 邦弥
    • 特殊装置:桑島 亮太
    • 装飾:乾川 太志
    • 生花装飾:小柳 幸絵
    • 装飾人形:西村 怜子

    ビジュツのヒミツ①

    さわやかな朝!導光板とスチロール

    25周年イヤーに入った朝の顔。
    ちょっとポップな「めざましテレビ」のセットは、
    さわやかな朝のイメージを、
    白と黄色とオレンジを中心に表現しました。

    ひときわ目を引くのが「太陽のステンドグラス」。
    光を乱反射するこだわりのアクリルボードが、ちりばめられています。実はコレ、既製品にはありません。
    一枚一枚アクリルを削って凹凸をつけた労作なんです。

    導光板を斜めに配置して、日差しを表現。
    朝の柔らかな光が降り注ぎます。

    映像モニターの額縁もユニークな形。
    おなじみ発泡スチロールを削り出して作ります。
    表面を磨き上げて形を整え、丁寧に塗装して、
    強度をアップさせます。

    フジテレビジュツの“彫刻家たち”は色んな物を削り出します。

    軽くて自由自在に形を変えられる
    スチロールアートの造形は無限大です。

    ビジュツのヒミツ②

    いくつ見た?着せ替えめざましくん

    司会の背景には、楽しそうなオブジェがいっぱい並んでいます。
    よーく見てみると、「わんこ」が寝そべっていたり、

    「紙兎ロペ」の人形が置かれていたり…。
    そして、やっぱりコレ。

    実は「めざましくん」には、
    季節ごとにいろんなバージョンがあるんです。
    春は、明るくこんなカンジ。

    ケムシくんやチューリップちゃんが登場することも。

    夏になると、めざましくんもアクティブに。
    虫捕りバージョンや、お祭りバージョンもあります。

    芸術の秋には、絵筆を持った「メガネめざましくん」。

    ハロウイーンではこんなカンジ。

    クリスマスには、白いヒゲの「サンタめざましくん」に。

    一つずつ手作りのアイテムを配置したり、
    めざましくんの着付けをしたりするのは、
    美術進行(アートコーディネーター)さんのお仕事。

    毎日放送する番組だからこそ、
    季節の移ろいを感じられるように
    美術スタッフは飾りに気を使うのでした。

    ビジュツのヒミツ③

    アクリルと電飾でブクブクあぶく

    以前は、魚が泳ぐ水槽が話題になった「めざましテレビ」。
    今も、3つの水槽があぶくを出し続けています。

    この水槽はアクリル製。
    通常のアクリルオブジェは、
    メチレン溶剤でアクリルを溶かして接着しますが、
    中に水が入るとなると話は別。

    その名も「重合接着」。
    水圧にも耐えられる強力なやり方で、一滴の水も漏れません。

    あぶくが際立つ光の演出は、
    アクリルさんと電飾さんのコラボレーション。
    円形の部分も輪郭だけ青白く光るように
    ベストマッチなLEDの角度を、電飾さんが調整して、
    どこかほっとする“めざまし水槽”のできあがり。

    水槽の底に設置したエアーポンプも、何故か電飾さんが担当。
    一年中、あぶくをつくり続ける働きもの。
    泡の大きさ、タイミングなど微妙な調整ができます。

    究極の進化形がこちら。
    「アクアティックビジョン」と呼ばれる“あぶくアート”です。
    伝説の番組『トリビアの泉』にも登場していました。

    デザインのヒミツ