のだめカンタービレ
のだめカンタービレ
2006年12月25日(月)放送終了

放送内容詳細

 のだめ(上野樹里)は、マラドーナ・ピアノコンクールで優勝できなかったことにショックを受け、福岡県大川市にある実家に戻る。のだめの父・辰男や母・洋子たちは、2年ぶりに帰郷した娘を温かく迎えた。が、弟の佳孝は、高い金を払って音大に通っても就職が決まらないのなら不良債権だ、などと悪態をつく。のだめは、そんな家族の前では普通に振る舞っていたが、ピアノには触ろうとしなかった。
 一方、千秋(玉木宏)は、龍見(伊武雅刀)の店・裏軒で、音楽評論家の佐久間(及川光博)に会っていた。R☆Sオーケストラのクリスマス公演後にヨーロッパ留学することを決めた千秋は、R☆Sオケの後任指揮者を選定するために協力してほしいと佐久間に頼んでいたのだ。そこで佐久間は、千秋が指名した気鋭の若手指揮者・松田に会い、好感触を得たことを報告する。千秋は、そんな佐久間に感謝しつつも、何故そこまで面倒を見てくれるのか、と問いかけた。すると佐久間は、歴史に名を残す音楽家には人との大事な出会いがあったのだから、自分もそういう人間になりたいのだ、と照れくさそうに答える。
 その夜、千秋や龍太郎(瑛太)、真澄(小出恵介)らは、R☆Sオケの飲み会に参加する。その席には、清良(水川あさみ)や黒木(福士誠治)たちに混じって、新たにR☆Sオケに参加することになった高橋(木村了)や、オーディションに合格した元Sオケの面々…玉木(近藤公園)、橋本(坂本真)、萌(松岡璃奈子)&薫(松岡恵望子)の鈴木姉妹らも参加していた。その席で千秋は、新しい指揮者の名前を皆に発表する。メンバーは、これで客が増える、と大喜びだ。その姿を見つめていた千秋は、安堵の気持ちと寂しさが入り混じったような不思議な気分を味わっていた。
 あくる日、千秋は、龍見から電話をもらい、のだめが実家に帰ってしまったことを教えられる。のだめは、龍見の店にクリスマスケーキを予約していたが、実家に帰ることにしたので代わりに千秋にプレゼントしてほしい、と言い残していったのだという。
 千秋は、のだめの携帯電話に電話するがつながらなかった。のだめの実家の電話番号もわからず途方にくれていた千秋は、ふいに佐久間の言葉を思い出し、新幹線に飛び乗る。博多に到着した千秋は、実家からのだめに届いた宅配便の伝票をタクシーの運転手に見せ、のだめの実家に向かう。
閉じる
もっと見る

出演者

野田 恵 … 上野樹里
千秋真一 … 玉木 宏

峰 龍太郎 … 瑛太
三木清良 … 水川あさみ
奥山真澄 … 小出恵介
多賀谷彩子 … 上原美佐
大河内 守 … 遠藤雄弥
佐久 桜 … サエコ

峰 龍見 … 伊武雅刀
河野けえ子 … 畑野ひろ子

江藤耕造 … 豊原功補
谷岡 肇 … 西村雅彦

フランツ・シュトレーゼマン … 竹中直人

ほか

スタッフ

■原作
 『のだめカンタービレ』 二ノ宮知子(講談社)

■脚本
 衛藤 凛

■プロデュース
 若松央樹
 清水一幸

■演出
 武内英樹

■音楽
 服部隆之

■制作
 フジテレビドラマ制作センター