12/18放送 脱力TOPICS

12/18放送出演者 《全力解説員》
吉川美代子(ジャーナリスト)、出口保行(犯罪心理学者)
羽田圭介(芥川賞作家)
《ゲストコメンテーター》
川島明(麒麟)、伊藤沙莉、佐久間由衣

  • 日本の論点「同性婚」問題

    全国で初めて自治体が同性カップルを認めた「同性パートナー」制度が渋谷区と世田谷区で開始(11/5)。パートナーシップ証明書で生命保険の受取人、家族向けの公営団地への入居、手術の同意、携帯電話の家族割引などが可能になるが、法的拘束力は無い。
    同性で群れを作るラッコ 争いが無い理由は発情期
    ほ乳類の多くは繁殖期が決まっており、一斉に発情期を迎えメスの奪い合いが起きる。しかしラッコは個体ごとに発情期を迎えるタイミングが違うので、オス同士・メス同士の争いがない。
    同棲に秘められた 結婚詐欺の危険性
    木嶋佳苗 死刑囚は30人以上の男性から計1億7000万円貢がせ、その内の3人を殺害し2012年に死刑判決を受けた。結婚詐欺犯にとって「同棲のメリット」は、お金を貰っていても「結婚の意思もないのにお金を騙しとった」と証明されなければ詐欺罪には当たらない⇒立証は困難。同棲における結婚詐欺の危険性は家賃・生活費・多額のお金を貸してしまうなどがあり、同棲をすぐにしたがる交際相手は注意が必要。
    おススメの恋愛ハウツー本より芥川賞作家が愛した文章を紹介
    「ぼくは愛を証明しようと思う。」発行部数5万部。メルマガで1万人の購読者を持つ元・外資系金融マンの作家 藤沢数希の恋愛小説。【恋愛工学】金融工学を応用してナンパ理論を科学の域に高めたもの。【モテスパイラル現象】イケメンや金持ちより「他の女にモテている」ように見える男がモテる。などのテクニックが沢山掲載されている。
  • 2人の専門家が教える
    頑固な汚れを落とす!イチオシのお掃除術

  • 日本清掃収納協会 認定講師 上原好志子先生 イチオシお掃除術
    カニフォークを使った換気扇掃除

    ①カニフォークの形が換気扇の溝にぴったりハマる
    ②こびり付いた油汚れに負けない堅さが適している
    溝の汚れをカニフォークで落としてから、仕上げに洗剤を混ぜたお湯に浸けるときれいになる

    TOCANA編集長 角由紀子先生 イチオシお掃除術
    十字架を使って出来る究極の悪魔祓いエクソシスム

    エクソシストが十字架を使えば、魂の汚れもスッキリとれる

※ この番組内で紹介した情報や意見は全力解説員の見解であり、諸説ある中の一説の場合があります ※