ゼロテレビ


めちゃ2タメしてるッ! 第4回「めちゃイケ温泉を100倍楽しむ方法」

― 司会 ―
山本博(ロバート)/馬場裕之(ロバート)

― 出演 ―
濱口優/大久保佳代子/後藤淳平/秋山竜次(ロバート)
第1部 いますぐ見る

今回のめちゃタメは、初出演のロバート山本と馬場の持ち込み企画「めちゃイケ温泉を100倍楽しむ方法」。めちゃイケ温泉についてめちゃイケメンバーより詳しいと山本と馬場は豪語するが、縁もゆかりもない2人の持ち込み企画にめちゃイケメンバーは疑いの目を注ぐ。山本は、必死に学んできためちゃイケ温泉情報を猛アピール。
箱根ホテル小涌園~ひな壇風呂までのルートを辿りながら、めちゃイケ温泉は「行って楽しいだけじゃない!行くまでも楽しい!」ことを伝えるとスタートする。

ホテル小涌園に宿泊するとめちゃイケ温泉のあるユネッサンの割引券がもらえるというお得な情報を伝えつつホテルの中へ。すると、そこにはロバート秋山演じる女将・大垣節子がホテルの社員に何やら説明をしている様子。山本は、いかにすごい人なのか興奮気味に説明。すると大垣節子がメンバーのそばへ・・・。

ホテルからユネッサンへ。山本が道中、豆知識と共にユネッサンを紹介。様々なめちゃイケコーナーなどを見つつ、4階のわき売店へ。すると再び大垣節子が従業員を引き連れ現れた。めちゃイケグッズをメンバーに紹介。一番人気のめちゃ桶は、オリジナルの即興CMソングを、息子(の設定)と披露、一同大ウケ。常に仕事にシビアな大垣節子の姿を垣間見た一行は、いよいよ温泉へと向かう。

第2部 いますぐ見る
ゲスト:アキラ100%/けんじる/三須友博

男性陣が水着に着替え待っていると、大久保佳代子が角刈太郎に扮して遅れて登場。ビキニを期待した男性陣だったが、以外にも角刈太郎もかわいいとコメント。最初の温泉「神々のエーゲ海」に到着、学んできた知識を存分にアピールしようとする山本を尻目に、自由に温泉を楽しむめちゃイケメンバー。「ドクターフィッシュ風呂」、「コーヒー風呂」を堪能し、本物のお酒を使った「酒風呂」につかっていると、この酒風呂をプロデュースしたというインターナショナル洋酒バイヤー・花牟田幸彦(はなむたゆきひこ)が登場!お酒に関する知識に絶大なる自信を持つ花牟田にオススメの一品を聞くと、“チャイニーズ・クーラー”がオススメだと言う。後藤が実際“チャイニーズ・クーラー”を試飲。感想やいかに!?

場内にはイベントステージもあり、今度ここで芸人のお笑いイベントをやる予定があるという。そこで、馬場がチョイスしたへ、ユネッサンではお笑いイベントを考えているので、馬場が選んだ芸人から、この場に相応しい芸人を、メンバー3人とユネッサン温泉課長でオーディションすることに。

アキラ100%「絶対見せないdeSHOW」
けんじる「○○をしてパンツが食い込むか?食い込まないか?」
三須友博「カスタネットおしり芸」

3人のネタ終了後に馬場からのさらなる提案で、以前ボツネタとなっていた山本の「逃棒中」というネタを披露してほしいと提案してくる。全裸になった山本の“棒”が写真に写らないよう30秒逃げ回るというシンプル内容。逃げる山本vs捕らえる大久保!果たして山本逃げ切ることができるのか!?

休憩スペースへと移動すると、山本・馬場が立て看板を発見。トータル・脳ガズムトレーナーパール川辺だと興奮気味にフリーペーパーを見せる。中に入ると、ベッドの上に男性と女性が向かい合って座っている。川辺曰く、触れ合わずとも脳と脳だけで、オーガズムに達することができるという。全く理解できない一行は、モニターの男女二人の脳ガズムを見学することに。この世のすべてのオーガズムにアドバイスをするパール川辺の、トータルオーガズム講座がはじまる。

第3部 いますぐ見る
ゲスト:中村愛/紺野ぶるま/ヒコロヒー/くっきー(野生爆弾)

小涌園のわき食堂から配信は再開。お腹の空いたメンバーはおすすめメニューをいただくことに。馬場から小涌園のわき食堂でもお笑いライブをやりたいと、ユネッサン温泉課長を交え、再びオーデションスタート。

中村愛「エロものまね」、「エロ手品」
紺野ぶるま「ちんこなぞかけ」、「おっぱいなぞかけ」
ヒコロヒーコント「先輩と後輩」

ネタを披露したヒロコヒーの顔がでかいと指摘され、中村愛と紺野ブルマとがヒロコヒーの両脇に座るとその差は歴然。ヒロコヒーはその苛立ちから、中村愛の番組制作スタッフとの飲み会の際に出汁にされたことを暴露。仲良くした方がいいと、紺野ぶるまの「ちんこなぞかけ」のバックダンサーとして踊りを強要されるが、ネタが終わると一体感が。さらに本日2度目の「逃棒中」を濱口が発令、同じ棒を追いかけあう仲として、3人はすっかり仲良し!?

洞窟風呂で触るとご利益があるという「マリンローズ」をは愛犬してから、いよいよめちゃイケメンバーが汗水流して作ったひな壇温泉へ向かう。が、その途中で見覚えのある赤いボルボを後藤が発見。なぜか後部ハッチが開けっ放しで激しく上下に揺れている。慌ててもと来た道を戻り駐車場へたどり着くと、そこにはお風呂の妖精チェチェナちゃんに扮する野生爆弾くっきーがボルボの中で熱湯コマーシャル状態!?後藤のボルボの運命は!?そしてなぜここにチェチェナは現れたのであろうか!?

ひな壇温泉に到着し番組も終盤、恒例のエンドロール。片岡飛鳥の名前が最後に読み上げられ無事に終了かと思いきや、トータルアドバイザー・唐沢佐吉なる人物の名前が読み上げられた。唐沢佐吉を知らないとざわつく中、「はいOK!」との声が。声の主は秋山扮するTVプロデューサー唐沢佐吉。「久々に元気のあるテレビをみた!」。ウザい業界人ぶりを見せつけ番組を終わらせようとするが、番組スタッフがそれで終わらすわけがない・・・。