ゼロテレビ


設立趣旨

皆さんにこんにちは。
いろんな人からCEOやっちゃえば?と勧められた結果、ゼロテレビのCEO的な存在の岡村隆史GPです。

ご存知のようにテレビ業界は現在、多様化する各種メディアの中で、ひとつの大きな節目を迎えています。 ただし本来ならば、新しく生まれ変われるチャンスでありながら、イノベーションが劇的に起きているとは言い難い状況です。 テレビがキング・オブ・メディアとして背負ってきた歴史や伝統は我々の想像よりも大きく、重いものなのだと思います。

では、テレビというメディアからあらゆる常識を削ぎ落としたらどうなるのか?
ゼロテレビはそんな試みのために、2013年3月、ネット配信で開局されます。

視聴率もなければスポンサーもまだいない、そしてルールや慣例のようなものもない、そんなテレビ局があったなら、このメディア大航海時代に一筋の進路が見えてくるかもしれません。

ただしゼロテレビが目指すものは決して先鋭的なだけのインターネットテレビではありません。
“テレビをもっとワクワクしながら見てほしい”
ゼロテレビはそんな失われつつあるテレビの原点をご提案し、皆さんに本来のテレビの楽しみ方を思いだしていただけたら・・・と思っています。

ゼロは自由奔放であり、
ゼロは原点回帰である。

テレビというメディアの価値を今、改めてゼロから考えていくことが、ゼロテレビの使命です。

・・・・と、
ちなみにこんな無謀なチャレンジをさせていただけるのも、フジテレビさんのご厚意にあってのもの。 m(__)m  m(__)m  m(__)m
フジテレビの8が細胞分裂して0(ゼロ)になるように、「楽しくなければテレビじゃない」のDNAを、「楽しくなければコンテンツじゃない」と受け継ぎ、皆さまに、まずまずニヤッと面白がっていただけるコンテンツをこの春より配信して参ります。