放送内容

直美のはや起きクッキング

2017年2月12日放送分
ちらしずし

ちらしずし

材料(4~6人分)(20cm×10cm×4.5cmの角セルクルを使用)

ご飯
2合分
<合わせ酢>
大さじ3
砂糖
大さじ2
小さじ1/2
むきえび
100g
小さじ2
ひとつまみ
きざみ焼きあなご
100g
れんこん
50g
絹さや
適量
にんじん
約1/2本(花型、みじん切り用)
白ごま
大さじ3
きざみ焼きのり
適量
<錦糸卵>
2個
砂糖
小さじ2
少々
適量

作り方

1.
れんこんは1mmのいちょう切りにして酢水につけ、軽く茹でる。にんじんは2mmの薄切りにして軽く茹で好みで花型などに抜く。余った部分は みじん切りにする。
2.
絹さやは筋をとり、塩を入れた湯で軽く茹で、斜めに3等分に切る。
3.
錦糸卵を作る。ボウルに卵、砂糖、塩を入れよく混ぜる。中火で温めたフライパンに油を薄くひき、卵液を薄くひき両面焼く。粗熱がとれたら幅をそろえて細切りにする。
4.
2重にしたアルミホイル2つ用意する。1つには きざみ焼き穴子をのせ、もう1つには、むきえびを入れ、酒と塩をふり、包む。グリルで約6分強火で焼く。
5.
炊いたご飯に合わせ酢を入れ、みじん切りにんじん、白ごま、きざみ穴子半量、れんこん半量、きざみ焼きのりを入れ混ぜる。
6.
型にご飯を入れ、間にきざみ焼きのり、錦糸卵、れんこん、あなご、ご飯を入れ最後に残った具材、絹さや、型抜きしたにんじんを彩りよく飾って出来上がり!

ポイント

  • ※錦糸卵は卵液をこすと、きれいに仕上がります。
  • ※角セルクルにラップを巻いて作るとご飯が型につきにくい。セルクルは 牛乳パックでも代用できます。今回は透明グラスに盛って食用菊、穂紫蘇を添えました。

番組へのメッセージ