フジテレビのCSR活動

2012年度活動報告

2011年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
エコアナ
東日本大震災被災地支援活動報告
防災への取り組み
社会貢献活動報告
環境活動報告
TOP2012年度社会貢献トピックス食育出前授業「ハロー!どっこくん」を岐阜県関ヶ原町で開催
社会貢献トピックス

食育出前授業「ハロー!どっこくん」を岐阜県関ヶ原町で開催

[2012年8月1日更新分]

今回のイベントは「ハロー!どっこくん」のホームページの「カモ~ン!どっこくん」に岐阜県関ヶ原町の関ヶ原小学校付属関ヶ原幼稚園から「家庭教育学校」の講師としてお申し込みをいただいたことで実現しました。

関ヶ原町では年長さんだけが幼稚園で過ごし、それより小さい子どもたちは保育園で過ごすシステムを取っているそうです。そこで今回は関ヶ原幼稚園と、年中・年少さんが通う関ヶ原東保育園の2か所で「ハロー!どっこくん」を開催しました。


岐阜県関ヶ原町にやってきました!
今回の"先生"は、食育イベント初参加のフジテレビの細貝沙羅アナウンサーと、東海テレビの清水亜里沙アナウンサー。

関ヶ原幼稚園では「家庭教育学級」の一部として行ったために、保護者の方々も参加して子どもたちの周りに座って、食育出前授業がスタート。
うんちの出来るまでのお話もしっかり聞いてくれ、大判紙芝居では前に出てそれぞれの
季節のおまじないの野菜を元気よく指さして答えてくれました。


岐阜県関ヶ原町は東海テレビの放送エリアということで、イベントの途中で東海テレビのキャラクター「わんだほ」も登場。ふわふわした「わんだほ」は子どもたちに大人気で、一緒に体操して触れ合うことが出来ました。

フジテレビでは今後も、社会貢献イベント「ハロー!どっこくん」を、今後も定期的に各地で開催していく予定です。

フジテレビ 細貝沙羅アナウンサーからのメッセージ


フジテレビ・細貝沙羅アナ
私にとって初めてのCSR活動!!
前日に名古屋入りし、訪れたのは、「関ヶ原の戦い」でも有名な岐阜県の関ヶ原町です。
緑も多く、空気も澄んでいて何よりも歴史の深みを感じました。

東海テレビの清水亜里沙アナウンサーと共に関ヶ原小学校付属関ヶ原幼稚園と関ヶ原町東保育園を訪問。
清水アナウンサーとは、初対面だったんですが、実は同期なんです!!
会えて嬉しかったな♪♪

そして、今回の活動の内容は・・・
こどもたちに「食育」について勉強してもらうことです。

始めに「うんちはどうやってできるのか?」を体のイラストを使って説明。
次に「体の成長のためには、かっこいいうんち=どっこくんが大切なんだよ!だから、皆もどっこくんとお友達になろうね」
というお話をしました。

続いて、いよいよお待ちかねのどっこく紙芝居!!
本当に大きくて一人で持つ事ができない程の特大サイズなんです。
「こんな大きい紙芝居見たことある~?」と私がこどもたちに聞くと、「なーい!」と紙芝居の大きさに負けない程の声で返答がありました。
一人一人が本当に嬉しそうで、太陽のようにキラキラしている目で紙芝居を真っ直ぐ見つめるこどもたち。
それが本当にかわいくて仕方ありませんでした。
まさにハートビームを一人一人から貰ったようなそんな感覚です。
また、紙芝居の中で春夏秋冬のおまじないが出てくるのですが、こどもたちは丁寧に一音一音をかみしめるように唱えてくれました。
その一生懸命な姿も本当に愛おしい。


元気に体操する子どもたち
紙芝居の後は、「ハロー!どっこくん体操」と「マル・マル・モリ・モリ」を楽しく一緒に踊りました♪♪
練習をしたようでみんな上手に踊れていました☆
2曲踊った後もこどもたちは、本当に元気(^O^)
逆に私がエネルギーとパワーを貰いました!!

そして、今回の活動をさらに盛り上げてくれたのが・・・
東海テレビのキャラクターの「わんだほ」でふわふわしていて可愛らしいわんだほからこどもたちは、中々離れようとしません。

東海テレビのキャラクター わんだほ 大人気のわんだほ!

最後は、わんだほとみんなで記念撮影をしました。
私は、今まであまり子どもたちとこのように触れ合う機会が無かったので、本当に良い思い出がまた1つできました。

濃い時間を過ごすことができたので、子どもたちとお別れする時が正直寂しかったですが、みんなのにっこりスマイルを見ることができ、良かったです。
また近いうちに会えたら良いな*
関ヶ原小学校付属関ヶ原幼稚園と関ヶ原町東保育園のみんな、本当にありがとう (^_^)

文:細貝沙羅(フジテレビ アナウンサー)

東海テレビ 清水亜里沙アナウンサーからのメッセージ


東海テレビ・清水亜里沙アナ
今回の開催場所は、私たち東海テレビのエリア内にある岐阜県関ケ原市。
「来てほしい!」とリクエストがあったとのこと。
そう言われると、いつにもまして、やる気が出ちゃいます!


とは言うものの、末っ子の私。子どものころ年下の兄弟と遊ぶといった経験はありません。
社会人になって、小さなお子さんと触れ合う機会もほとんどありませんでした。
それだけに、子どもたちが私のお話にどんな反応を見せてくれるのか、向かう列車の中で、少し緊張。

そんな中、待っていてくれたのは、笑顔が素敵な元気いっぱいの子どもたち。
緊張する気持ちなんて一瞬で吹き飛びました。

イベントが始まると子どもたちとの距離はぐーんと急接近、私のほうが楽しい時間を過ごしちゃいました。

「元気なうんち」という言葉に、恥らいながらも元気に答えてくれる姿が可愛くて・・・。
大きな紙芝居に喜んでくれる笑顔が嬉しくて・・・。
「どっこくん体操」を一生懸命覚えてきてくれたみんなと体操のが楽しくて・・・。

子どもたちに喜んでもらうことためにどうすればいいんだろうって考えていたのに、気が付けば、私も幸せな気持ちになっていました。

イベントは大成功♪
でもそれは、子どもたちのおかげです!

この日のことを楽しい思い出として記憶の中に留めてくれるといいなって思います。
みんな、ありがとう!

文:清水亜里沙(東海テレビ アナウンサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.