フジテレビのCSR活動

2008年度活動報告

2008年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
報道・情報番組発
エコアナ
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2008年度報道・情報番組発トピックスFNNスピーク カメラが見た富士山の「異変」
2008年度報道・情報番組発トピックス

FNNスピーク (月曜~金曜11時30分~12時00分 土曜11時45分~12時00分放送)

[2008年11月4日更新分]

カメラが見た富士山の「異変」

(2008年10月17日放送)
日本を代表する山と言えば富士山・・。 四季折々の美しさを見せてくれますが、今、その富士山にある「異変」が・・・。今年の夏から秋にかけて取材した中で、カメラはその「異変」をとらえました。


山頂からのご来光
まだ夜も明けきらない頃、富士山に現れた天の川のようにきらめく光の集団・・・。実はこれ、富士山頂を目指す登山者達のヘッドライトの光です。彼らの目的は、雲海から昇る「ご来光」。頂上を征した者しか見ることができない特別な風景です。

登山者からは「初めて見たけれど本当にきれい」「一生の思い出です」といった声が。今年は、世界遺産登録の動きなどもあり過去最高となる、約30万5千人の登山客が訪れました。美しい表情を見せる富士山ですが、今、ある異変が起きています。


季節外れの大雪
今年6月29日、富士山8合目では除雪作業が行われていました。季節外れの大雪・・・、除雪作業は間に合わず、当初7月1日だった山開きは1週間も遅れてしまいました。


登山ガイドの眼
富士山を登り続けて25年という登山ガイドの小曽戸恒夫さんは、「昔と比べて富士山の様子がかなり変わった」と話します。
小曽戸さんの案内で、取材班は富士山の7合目付近へ。今では草や木がたくさん生えて、森のようになっていますが、20年前に小曽戸さんが撮影した同じ7合目付近の写真には、少しの木と草原しか写っていません。小曽戸さんは「同じ所とは思えない」と驚きを隠せません。


山頂のイワツメクサ
さらに、秋のわずか1週間だけ目にすることができるもっと大きな変化があると聞き、山頂付近へと進みました。山頂付近でカメラの前に現れたのは「イワツメクサ」でした。
一見美しい光景ですが、実は、この花、富士山ではもともと8合目付近まででしか見ることができない高山植物でした。しかし、数年前から山頂付近でも咲くようになったと言います。その姿を山頂付近でカメラが捉えるのは、極めて珍しいということです。

頂上に咲いたイワツメクサについて、小曽戸さんは「最初見たときはびっくりしました。ここまで高山植物が上がって来てるんだなって。それと同時に暖かくなったのかなっていう感じもしてますね。」と語りました。


富士山からの「警告」
実際、富士山頂の平均気温はここ20年で1.0度も上昇。富士山では温暖化が速い速度で進んでいるといいます。インタビューに答えた国立極地研究所の藤井理行所長は、 「30~40年の温暖化は異常に進んでいる。植物の環境が激変している。(将来的に富士山は)植生がだいぶあがっていって、緑っぽい山にはなると思います。」 と指摘します。

山の頂へと迫る「イワツメクサ」・・・
それは、富士山から私達への"警告"なのかもしれません。

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.