フジテレビのCSR活動

2008年度活動報告

2008年度活動報告TOP
TOPICS
環境
社会貢献活動
番組
報道・情報番組発
エコアナ
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2008年度番組トピックス皆様の「あいのり募金」へのご協力に感謝!番組プロデューサーからのご報告~カンボジアとネパールにあいのり学校完成!~>
2008年度番組活動トピックス

皆様の「あいのり募金」へのご協力に感謝!番組プロデューサーからのご報告~カンボジアとネパールにあいのり学校完成!~

[2008年4月1日更新分]

西山仁紫プロデューサー(フジテレビ バラエティ制作センター)緊急コラム



2004年にスタートした「あいのり募金」。視聴者の皆さんからいただいた寄付は5600万円を超え、昨年はふたつの「あいのり学校」を作ることができました。

4月に完成したのはカンボジア校。カンボジアでは30年前、当時のポルポト政権がなんと「学校教育」そのものを廃止、たくさんの校舎を取り壊してしまったのです。その影響で、今でも教室は不足、教師も不足、教材も不足、と教育にかかわる全てが不足している状態なのです。

そんな中でも、特に貧しい農民たちが暮らすソンポーン村にあいのり学校が完成しました。ニッパ椰子の葉と枯れ木で作ったボロボロの校舎は、コンクリートのりっぱな校舎に生まれ変わり、村の子どもたちはキラキラした笑顔で勉強できるようになりました





そして、12月にはネパール校が完成しました。ネパールでは、カースト制度の影響でいまだ根強い差別が残っています。身分の低い家庭に生まれた子どもたちは、あたりまえのように学校に行けないのが現実です。
今回あいのり学校ができたのは、インドの国境に近いギッダ村。この村では25%の子どもが学校に通っていませんでした。しかしほとんどの親は、子どもたちを学校に行かせるのに反対でした。親も学校に通った経験がないので、学校に行く必要性を理解していないのです。
そこで単に校舎を建設するだけではなく、できるだけ多くの子どもたちに学校に通ってもらうための活動を行いました。村の住民と協力し、教育の重要性を理解してもらうための入学キャンペーンを実施したり、子どもたちの自主性を促すためのさまざまなイベントを行いました。

さらに今まで学校に通ったことのない子どもたちのために、4つの識字教室を作りました。アフリカに2校、アジアに2校完成したあいのり学校。現在は、中米ニカラグアに5校目のあいのり学校を建設中です。

子どもたちの笑顔が世界中でどんどん増えていけば、こんな嬉しい事はありません。今後もあいのり募金、ご支援よろしくお願いします。

文:西山仁紫(フジテレビバラエティ制作センタープロデューサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.