フジテレビのCSR活動

2007年度活動報告

2007年度活動報告TOP
環境活動報告
社会貢献活動報告
TOP2007年活動報告TOP社会貢献活動病院を楽しく!フジテレビ美術制作局の新しい試み
2007年度 社会貢献活動

病院を楽しく!フジテレビ美術制作局の新しい試み

[2007年10月1日更新分]


医療スタッフの制服に
プリントされている"グリーンズ"。


小児科病棟入り口に
張られた"グリーンズ"。


院内掲示物にも登場する
"グリーンズ"。
フジテレビ美術制作局では、テレビ放送事業だけでなく、デザイン活動を様々な分野に生かし、社会に貢献しようという試みがあります。試験的に、千葉県八千代市の東京女子医科大学八千代医療センター(TYMC)におけるデザイン事業へ参加したケースをご報告します。

フジテレビ美術制作局は、この病院が設立される2年前から、東京女子医科大学に発足した「病院開設準備室」のデザインワーキングに参加し、新しい大学病院のありかたをデザインの側面から病院スタッフと一緒に考えてきました。

開院に際して、まず病院の8つのオリジナルキャラクター"グリーンズ"を制作。八千代の森の豊かな自然とそこで育まれた大地の恵みを象徴しています。

大人にも子どもにも親しみを感じてもらえるこの"グリーンズ"は、医療スタッフの制服・病院の診療案内・ホームページ・イベント用T-シャツ(「やちよ健康フェスタ2007」イベントを行いました)をはじめ、待合室や病棟で流している映像にも登場しています。

"グリーンズ"は、八千代医療センターが広く地域に親しまれ愛され続けていくための広報スタッフとして、また、ともすると子どもたちには無機質で「怖い場所」になってしまう病院を、明るく楽しくて「痛いところを直してくれるうれしい場所」と感じてもらうための先導役として活躍しています。

八千代医療センターのデザイン事業への参加は、フジテレビ美術制作局スタッフと病院スタッフの情報交流があった事がきっかけです。フジテレビ美術制作局は今後もこのような「きっかけ」を増やし、自分たちのデザイン力を様々な社会貢献活動に活かしたいと思っています。

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.