フジテレビのCSR活動

2007年度活動報告

2007年度活動報告TOP
環境活動報告
社会貢献活動報告
2007年度 環境活動

環境野郎Dチーム ※番組は、2007年9月17日に終了しました。

[2007年7月2日更新分]

宮道プロデューサー(フジテレビバラエティ制作センター) 緊急コラム


世紀末、世界中の注目を集めていたノストラダムスの大予言。いろんな解釈があったけど、とにかく1999年に人類の存亡に関わる何かとんでもないことが起きるといった内容。でも結局何も起こらなかったってことで今ではもう記憶の彼方。今からたった8年前です。当時はこの予言をなんだかオカルトチックだったりSFチックだったり、とにかく世紀末という特別な時期ということもあって非現実的なものとして捉えていたんでしょう。

でもたった8年後の今、地球が危ないってことがかなり現実的だと僕等にも分かるようになって・・・。ノストラダムスの大予言、ハズれたなんてとても言えない気が。

ただ・・・このままだとヤバいらしい。温暖化が進んでるらしい。海面が上昇してるらしい。砂漠化が進んでるらしい。とにかく「らしい」ってことは分かってるんだけど、朝起きていつもと変わらない日常が始まるとなんか急に大丈夫な感じがして遠い話に思えてしまう。直面してないからピンとこない。これじゃあ何も変わらないわけで。だったら日常にそのヤバさを具体的且つ定期的に伝えるものがあればってことで「環境野郎Dチーム」発足となったわけです。

当然フジテレビのバラエティ班ですから普通にはやりません。好き嫌いあると思いますがそこは御勘弁。とにかく大事なのは、日常の中で言い続けること。

民放のド深夜の一バラエティ番組が、変わったスタイルで毎週とにかく平たく言い続ける。大それたことは考えてません。ピンと来てなかったことをピンと来るようにする。それもテレビの役割のひとつかなと。

えっ?環境省から出演者にチーム・マイナス6%への参加依頼が!?
ド深夜なのに環境省の人見てるんだ・・・。(毎週月曜24時45分~25時10分放送)

文:宮道治朗(フジテレビバラエティ制作センタープロデューサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.