水球ヤンキース

第10回 2014年9月20日(土)放送 あらすじ

ついに感動の最終回…さよならミズタマ部!

いよいよ水蘭との決勝戦を迎えたカス高水球部。試合前の控室では大事な一戦を目前にした部員たちが緊張で固くなっている。そんな中、稲葉尚弥(中島裕翔)の右肩を三船龍二(山崎賢人)は気に掛けていた。昨夜、何者かによって尚弥が襲われたのだ。
とあるオフィス。黒澤義男(横山裕)はポケットから取り出した大会のチラシを眺めていた。尚弥と出会って10年…、自分から誇りを奪い去るには十分な時間だった。カス高での栄光も、番長としての誇りも、社会に出れば一切通用しなかった。いつしか自分は過去から逃れながら生きるようになった。そんな時、あの時の少年が高校生になって、突然自分の前に現れた。それが尚弥だった。
客席は水蘭を応援する人たちで埋まっていた。カス高にとっては完全にアウェイな状況の中、運命の笛が鳴った。中央に浮かぶボールに向かい、両校の選手たちが一斉に泳ぎだす。真っ先にボールをつかみ取った尚弥はフローターバックの龍二にパスを出す。龍二との1対1の勝負を挑む水蘭のエース・北島虎雄(高木雄也)。しかし龍二は前線に泳ぐ木村朋生(千葉雄大)にパスを出す。それぞれが体を張ったブロックでパスコースを作りチームプレイに徹するカス高。それに対し強引な攻めの目立つ水蘭。一進一退の激しい攻防が続くなか、尚弥の肩が遂に悲鳴をあげる。

スタッフ

【脚本】
徳永友一
麻倉圭司
松田沙也

【プロデュース】
藤野良太

【演出】
宮木正悟
品田俊介

【音楽】
高見優
やまだ豊

【制作】
フジテレビドラマ制作センター

オススメ番組