フジテレビバイキング月曜日
地引網
「生中継!日本全国地引網クッキング」

千葉県 九十九里町 片貝海岸

2014/7/28 放送
ヒラツメガニのディアボラ風パスタ
エスターテ仕立て レシピ
完成写真

ディアボラ=イタリア語で「悪魔」エスターテ=イタリア語で「夏」
唐辛子を使用した辛いパスタ
写真は代用のワタリガニで作ったものです。


料理工程 ■材料(1人前)
ヒラツメガニ 1杯、スパゲッティーニ 80g
トマト 大1個、ニンニク 2分の1片
鷹の爪(イタリア産)1本、アンチョビ 2尾
イタリアパセリ 適量、EXVオリーブオイル 大さじ2
塩 適量
■下処理
1. 腹に切れ目を入れ、甲羅を外す
2. エラを取る
3. 食べやすい大きさにぶつ切りにする

■調理工程 

1. 熱したオリーブオイルでニンニクに火を通しておく

2. 沸騰した鍋に多めの塩を入れ、パスタを茹でる(ゆで時間:4分)
 パスタを茹でている鍋にトマトをまるごと入れ、湯剥きする

3. 1のフライパンにトウガラシ、アンチョビ、カニ、白ワインを入れ、蓋をする

4. 湯剝きしたトマトをカットして3のフライパンに投入、
 茹で汁をフライパンに少量入れて炒め、茹であがったパスタと絡ませる
料理工程

5. 多少水分が飛ぶまで炒め、皿に盛り付け、パセリをふり完成


■小崎先生流ポイント
★塩を多めに入れることで、後から味付けをする必要がなく、
 さらにパスタの甘みを引き出せる⇒パスタは最初の工程で決まる
★パスタを茹でている鍋を利用して トマトの湯剥きをすると
 簡単で手間がかからない
★トマトを使うことで手軽にトマトソースの味わいを出すことが出来る
★トウガラシのカプサイシンで代謝が良くなり ダイエット効果がある
★少量のアンチョビを入れることで うま味が増し
 さらに白ワインを入れることで 臭みを抑えられる
先生
イタリアンシェフ 小崎陽一先生 妻は元モー娘。保田圭
料理教室やレストランを多数プロデュース
「家庭で作れるイタリアン」のスペシャリスト

前のページに戻る / このウィンドウを閉じる