「FNSによるテレビ視聴データの取扱いについて」

発行:19/09/06


    ■視聴データの収集主体と利用目的
  • FNS(フジネットワーク、以下FNS)は、視聴者の皆様の利便性向上やより良い番組制作、広告配信やマーケティング活動の参考とするために、全国のインターネットにつながっているテレビ受像機を対象に、2019年9月14日(土)から10月15日(火)に放送される「ワールドカップバレー2019」にて、視聴データを収集いたします。


  • ■収集するデータ項目
  • 収集する視聴データは以下の通りで、個人を特定する情報は含まれていません。加えて、データ処理過程で個人を特定することができないようにする措置をとっています。
    ・対象機器を識別するために発行する情報
    ・番組の視聴時刻情報
    ・テレビ受信機IPアドレス
    ・テレビ受信機に設定された郵便番号

    ※FNS各局以外の視聴や録画による視聴データは含まれません。
    ※インターネットに接続しているテレビのみ対象としています。
    ※一部の受信機については、視聴データを収集いたしません。

    また、視聴データの収集のために、以下の情報をテレビ受信機内のデータ記憶領域に保存します。
    ・対象機器を識別するために発行する情報
    ・番組の視聴時刻情報
    ・テレビ受信機IPアドレス
    ・視聴データ提供を視聴者が停止したかを識別する情報


  • ■視聴データを収集する方法
  • 全国のインターネットに接続しているテレビ受像機を対象に、データ放送のインターネット通信機能を用いて、放送局に上記のデータ項目を送信いたします。
    視聴データの収集方法


  • ■視聴データの取扱い
  • 収集した視聴データは、放送局や調査会社等が持つ様々なデータと組み合わせて分析する場合があります。また、その分析結果を用いて、テレビ視聴した方が保有していると推定されるスマートフォンやPCなどに対して、番組のおしらせや広告を表示する場合があります。これら一連の過程において、個人を特定することはありません。


  • ■視聴データの共同利用
  • FNS各局が収集したデータは、FNSの系列局と以下の通り共同利用いたします。
    〇共同利用の目的
    視聴者の皆様の利便性向上及びより良い番組制作、広告配信およびマーケティング活動の参考とするため。
    〇共同利用するデータの項目
    ・対象機器を識別するために発行する情報
    ・番組の視聴時刻情報
    ・テレビ受信機IPアドレス
    ・テレビ受信機に設定された郵便番号
    〇共同利用の範囲
    FNS系列局28社(http://www.fuji-network.com/
    〇共同利用の責任者
    株式会社フジテレビジョン
    視聴データの共同利用図


  • ■視聴データの第三者提供
  • 視聴データの分析業務を調査会社や広告会社等の第三者に業務委託することがありますが、その範囲を超えて視聴データを当面の間、第三者提供することはありません。今後視聴データの第三者提供を実施するときには、事前にこのホームページでお知らせします。
    また、FNSが視聴データを統計処理した分析結果を、第三者に提供することがあります。


  • ■視聴データの保存場所と保存期間
  • 収集した視聴データは、日本国内のサーバーに蓄積され、収集から18か月を経過したデータ、もしくは期間経過前であっても利用しないデータは、速やかに消去いたします。


  • ■視聴データ収集の停止について
  • 視聴データの収集を停止したい場合には、FNS各局が放送しているデータ放送のメニュー画面から、テレビ利用状況調査に「協力をしない」ボタンを押して下さい。データ収集を停止しても、番組の視聴に影響はありません。なお、過去に蓄積したデータも速やかに消去します。


  • ■お問合せ窓口
  • ご不明な点がございましたら、フジテレビ視聴者センター電話:03-5531-1111 (9:30~21:00)にご連絡ください。
    詳しくは、https://wwws.fujitv.co.jp/safe/contact/をご参照ください。