11月11日 オンエア
ミステリークイズ
 

『なぜ? 豪華客船が真っ二つ』

客船企業『ロイヤル・カリビアン・グループ』の『シルバー・シー・クルーズ社』が保有する豪華客船『シルバー・スピリット号』。 2009年に完成したこの客船は、全長198.5m、最大幅26.5m、乗客定員540名、全室がスイート仕様でショーラウンジやプール、カジノもあるまさに豪華客船。
「ぜひ乗りたい」という声があとを絶たず、今後も集客が期待される稼ぎ頭の客船だった。 ところが、ある日突然予約受付と運行を停止。 船としては決して古くないはずが、ドックに運び込まれた船は…真っ二つに切断されていた。
突然真っ二つに切られてしまった人気客船! この不可解な作業の真相、みなさんにはわかりますか?

船体が切断される一方、別の場所では何やら建造物が作られていた。 それが完成し、海を渡って運び込まれたのは…『シルバースピリット号』が置かれているドック。 そして、その建造物が船の間に運び込まれると…合体!
真っ二つに切断したのは、船を増築するため!

photo

これは「チョップ・アンド・ストレッチ工法」と呼ばれ、船舶を延長する工法としてこれまで何例も行われているもの。 船は一枚の鋼鉄でできているように見えるが、構造上、実はブロックごとに組み立てられた船体を繋ぎ合わせて造られている。 そのため、この工法も 船体の間に増築したブロックを継ぎ足すだけなので強度にはまったく問題ないという。
生まれ変わった『シルバースピリット号』、増築により、新たにスイートルームが34部屋と様々なリラクゼーション施設が追加された。 乗客定員は540名から608名に、さらにラグジュアリーな客船へと生まれ変わったのだ。
ということで、正解は『船を増築するため』でした!

『救助隊も驚愕! まさかの結末』

photo

今年9月28日の深夜、トルコのブルサ県で『夫が帰ってこない』という通報が入った。 地元警察はすぐに救助隊と共に捜索を開始。
通報したのは、行方不明になっている男性の妻。 この日の夕方、「友人と飲みに行ってくる」と言い出かけたが、深夜になっても帰ってこなかったのだ。 一緒にいた友人によると、森の中のコテージで飲んでいたのだが、男性は『帰る』と言い残し、一人コテージを出ていったという。

photo photo

深夜の真っ暗な森。 救助隊は男性が森で迷ってしまった可能性が高いとみて、手分けをしながら搜索。 だが、男性の姿はおろか、痕跡すら発見できなかった。
捜索から数時間が過ぎようとしたころ…騒動を聞きつけた地元住民たちも搜索に参加。 その中の1人が、ベイハン・ムトゥルさんだった。 すると…ベイハンさんが参加したことによって、難航していた捜索があっという間に解決してしまったのだ!
一体なぜ? この理由、みなさんはわかりますか?

photo photo

ベイハンさんが参加した事でスピード解決した行方不明事件。 だがその捜索現場で誰よりも驚いた人物がいた! それは…ベイハン・ムトゥルさんだ!
そう実は、なんと行方不明の男性とは、捜索に途中参加したベイハンさんその人だったのだ! 一体どういうことなのか?

photo photo

遡ること数時間。 森にあるコテージで友人と酒を飲んでいたベイハンさん。 先に帰ることにしたのだが、したたかに酔っていたため、そのまま 隣にあるコテージで眠り込んでしまったのだ。 誤って機内モードにしていたため携帯も繋がらない。

photo

しばらく寝て、酔いもさめ、家に帰るために外に出てみると…救助隊と遭遇。 まさか自分が探されているとはつゆほども思わず、地元ボランティアの一員として参加していたのだ。
ということで、正解は『ベイハンさん自身が行方不明者だった』でした!

『家に帰ったら…信じられない事態』

photo

イギリスで妻と娘と3人で暮らすクレイグ。
最愛の妻に見送られ、2週間のニューヨーク出張に旅立った。

photo photo

2週間後の夜11時過ぎ、出張を終え、無事に自宅へと帰ってきた。 だが…家の鍵が開かない!
電話をしようとしたが、家に忘れて出張に出たことを思い出し、インターフォンを押した。 すると、中から出て来たのは…見知らぬ男性だった。

photo

そして、家の中に入ると、そこには さらに驚きの光景が!
家族の姿はなく、見知らぬ若者たちがはしゃいでいるではないか! 更に部屋のインテリアまでもが全て変わっていたのだ。
一体何が起こっているのか? みなさんはわかりますか?

photo photo

クレイグは頻繁にニューヨークへ出張に行っていた。 今回もそのニューヨーク出張だったのだが…クレイグが忘れていった携帯電話。
そこには…知らない女性からのメッセージが届いていた! 明らかに浮気相手からのメッセージ。 しかもその女性がいるのは頻繁に出張するニューヨーク。
激怒した妻は、出ていくことを決意。 だが、それだけでは気持ちがおさまらず、ある復讐を思いついた。

photo

妻の復讐、それは…家を売ること!
実はこの家の名義は、夫クレイグではなく妻ローラにあった。 そのため独断で自宅を売りに出すことができたのだ。
家は短期間の不動産売買に特化したサイトに破格の安値で掲載された。 そしてローラの希望通り、あっという間に売却成立。 購入した不動産会社が貸し出すことにすると、これまたあっという間に近くの大学に通う学生たちがシェアハウスとして入居したのだ。

photo photo

夫の浮気に対し、家を売るという強硬手段で復讐を果たした妻ローラ。 妻ローラは、クレイグが父から譲り受けたラジオや愛用のゴルフセットなどを、次の住民にプレゼント。 まさに容赦なし!
ということで、正解は『出張中に妻が勝手に家を売っていた』でした!

『気づいていないのに痴漢撃退』

photo

声優として活動している久木田かなこさんは、今から5年ほど前、あるミステリアスな体験をしたという。
その日、彼女は都内のショッピングビルでエレベーターを待っていた。
そこに…男が近づいて来た。 その男は久木田さんに気づかれぬよう気配を消し、背後にぴたりとついた。

photo photo

1人きりの女性を狙う痴漢。 男の手が久木田さんのお尻に触れたその時…男は突然謝ると、一目散にその場から逃走。
久木田さんは、その日、ふわっとしたスカートを履いており、斜め掛けのポーチ型の小さいバックを持っていたため、バッグが当たっていると思い、痴漢に気がついていなかったと言う。
声をあげないどころか気づいてもいないのに、なぜか謝罪し、去って行った痴漢。 このミステリーの真相、みなさんには解けますか?

photo

エレベーター待ちの最中、背後から痴漢がお尻に触れる直前、彼女はあることを思い立った。 実は、久木田さんは乗馬を始めたばかりだった。 馬が止まる時など、乗馬姿勢を安定させ落馬を防ぐため、内腿を使い 馬の胴体をしっかり挟むことが必要だという。 そのため、自分の隙間時間を使ってトレーニングしようと考えたのだ。

photo photo

そして…内股とお尻の筋肉をギュッと締めたときだった。 丁度 触ったタイミングで指がお尻に挟まり、抜けなくなったのだ! 焦る男は思わず…謝罪して逃走したのだ。
ということで、正解は『偶然締めたお尻に手が挟まって撃退できた』でした。