6月18日 オンエア
物語の主人公たちのその後…
 
photo

今回、VTRで紹介した登場人物たち、彼らのその後を追ってみた。
ルイスさんを襲った悲劇から今日で丸13年。 毎年、この日には 彼の他、亡くなった8名の消防士の死を悼み、メモリアルイベントが開かれている。

photo photo photo

そして現在もサマーヴィル高校バスケット部は健在、多くの生徒たちが日々、練習や試合に明け暮れている。
そんな中、一つ変わったことが…実は、高校の体育館が改修されたのだ。 その壁には、ルイスさんの姿、そして 彼の言葉が掲げられている。
『正しいことを正しいやり方で正しい理由のためにしなさい』
ルイスにちなみ、ファイヤーハウス(消防署)と命名されたこの体育館には…今も彼のヘルメットが保管され生徒たちを見守っている。

photo photo

一方、妻のローレンさんは現在 弁護士となり、日夜、法廷で闘っている。 4年前、彼女は、すべてを受け入れてくれる男性と出会い再婚。 その後、長男が誕生した。

photo

「ルイスがいたから今の幸せがある」…そう語る彼女の現在のフルネームは、ローレン・マルキー・フリアソン。 ルイスさんの名前をミドルネームに残しているのだ。 もちろん今のご主人も快く了承してくれたという。

photo photo

そして、奇跡の優勝を成し遂げたバスケ部のメンバー、ブランデン・ミルハウスさんは、鉄道会社に勤務する一方、地域の子どもたちにバスケットを教えている。

photo photo photo

現在、NFLのシンシナティベンガルズに在籍しているAJさんは、貧しい子供たちのために奨学基金を設立した。
「ルイスコーチがしてくれたように、今度は僕が、子供たちに可能性が無限だということを伝えたいと思っています」

photo

一方、多くの人々の優しさで、再び、愛車ランディーを取り戻す事が出来た4人の仲間たち。
ランディが戻ってから、みんなで集まることが増えたという。

photo photo photo

今から2年前の2018年、オーナーの一人、アンソニーさんが結婚した際には…ランディーは車庫のあるオークランドから式場まで、新郎新婦をエスコート。 さらに結婚式での写真撮影でも大活躍した。

photo

学生時代の仲間とランディ、5人の冒険はこれからも続いていく。