11月28日 オンエア
世界中が感動!? 愛のミステリー
 
photo

アメリカ・カリフォルニア州中央部にあるヨセミテ国立公園。 年間400万人以上が訪れ、世界遺産にも登録されている、アメリカを代表する観光名所の1つでもあるこの公園。 中でも有名なのが「タフトポイント」と呼ばれる絶景が楽しめる断崖絶壁なのだが、実は昨年このタフトポイントにやってきたあるカップルが信じられないミステリー体験をすることになった。 彼らがその場の思いつきでとった「ある行動」がなぜかネット上で十数万件に及ぶ大反響を呼んだというのだ。

photo photo

騒動の中心となったのは、こちらのチャーリーとメリッサのカップル。 3年前から交際を始め、その後も家族ぐるみで順調に愛を育んできた2人だったが、 交際開始から1年ほど経った昨年の冬、メリッサの祖母から「結婚する気はあるのか」と聞かれたのだ。 メリッサのおばあさんは当時82歳の高齢で、2人の結婚をとても楽しみにしていたという。 そこで、チャーリーは心を決めた。

photo photo

その直後、友人らと共に行ったスノボ旅行中にサプライズでプロポーズをしたのだ。 結果は、見事成功!
だが、チャーリーの中で100点満点のプロポーズ、というわけではなかったのだという。 実は、旅行の前に、メリッサにネイルをするようにと彼女の親友を通して頼んでしまっていて、プロポーズをするっていうのがバレバレだったというのだ。 婚約は成立したものの、サプライズに失敗したことを少し気にしていたチャーリー。

photo

そんな彼に半年後、突如リベンジのチャンスがやってくる。 その年の秋、デートを楽しむために2人は、ヨセミテ国立公園にやって来た。 そして、名所、タフトポイントに到着した2人は絶景に感動。 その時、チャーリーは改めてメリッサにプロポーズをした。
半年前のプロポーズではサプライズに失敗していたこともあり、この絶景の前で改めて結婚の誓いを立てたいと思ったチャーリー。 だが、あくまでその場の思いつき、2人にとってはデートの最中のほんの1コマにすぎなかった…はずだった。

photo photo

公園を訪れたおよそ3週間後、チャーリーが何気無く、スマホでニュースをチェックしていると、とある記事に目が止まった。 それは、全く知らない男が、自分たちの事を探しているという記事だった。 しかもその男に情報を提供したり応援したりという反響が、この数日で世界中から16万件以上にも及んでいるというのだ!
だが、自分たちはいつも通り生きているだけで、ここ最近何か特別なことをした記憶は全くない。 では一体なぜ自分たちは世界中の人々から探されているのか?
このミステリー、あなたには解けるだろうか?

photo

突然、ニュース記事で世界中の人が自分たちを探していることを知ったカップル。
実は彼らがタフトポイントに行ったあの日、今回、2人を探しているという謎の人物もあの場所にやってきていたという。 それが、こちらのマシュー・デッペル。 職業はカメラマンだ。

photo photo

あの日、マシューは友人とヨセミテ国立公園に行き、友人がタフトポイントに立ったところを写真に撮ろうと遠目から到着するのを待っていたという。 ちょうどその時、タフトポイントにやって来たのが、チャーリーとメリッサだったという。 そして、偶然、プロポーズの場面を目撃し、とっさに写真を撮ったという。 その後、撮った写真を彼らに渡そうと、友達の写真も撮らずにタフトポイントに向かったのだが、ポイントまでは距離もあり、結局、彼らを見つける事ができなかったという。

photo photo

それでも諦めきれなかったマシューは、後日自宅に戻ると、その日撮影した写真をSNSにアップ。 2人へ向け、この写真を渡したいので、名乗り出て欲しいと投稿した。 すると…マシューの撮った写真のあまりの美しさに、投稿は瞬く間に拡散。 数日間で16万件を超えるリツイートがなされたことで、地元のニュースにも取り上げられる事態に。 そして数日後、ついに、チャーリーたちの目にするところとなったのだ。

photo

マシューが撮った、実際の写真はこちら。
夕日の中で断崖に佇む、1組の男女。 それは神々しく、完璧な瞬間だった。

photo

チャーリーは、今回の件について、こう話してくれた。
「最初は驚いたけど彼にはとても感謝しています。この件で世界中の知らない人から沢山のお祝いのメッセージをいただき、とても心温まる経験をさせてもらいました。世界中で色々と暗い話があるなか、世の中には他人のことを気にしてくれる、いい人たちが沢山いるということも実感させてもらいました」