国生宙(町田啓太)

国生宙 町田啓太

28歳。“やけっパチ”な自衛官候補生。高校時代はラグビー部のエースとして全国でも注目される選手だった。独りよがりな強引なプレーでケガをしてチームメートから非難された宙は、孤立したまま引退。卒業後は定職に就かず、フラフラと気楽なその日暮らしの生活を送る。ある日、ケンカが原因で警察沙汰になり、工事現場の仕事はクビ、住んでいたアパートも家賃滞納で立ち退きを言い渡された。すると、街で出会った八女から「お前にピッタリな仕事を紹介してやる!」と声を掛けられ紹介された仕事は“陸上自衛隊”。候補生でも給料が出るならと、陸上自衛隊の候補生となる。だが、生半可な気持ちで入った先には、過酷な訓練が待ち受けていた。

馬場良成(佐野勇斗)

馬場良成 佐野勇斗

24歳。真面目で心優しい性格の自衛官候補生。学生時代は吹奏楽部でトランペットを担当していた。一度は一般企業に就職したが、自衛隊音楽隊に憧れ自衛官候補生への道に進むことになる。誰よりも思いやりがあるため、個性強めな自衛官候補生たちの緩和剤的存在に。座学は優秀だが、優しすぎるが故にそれが欠点になってしまうことも…。宙とは真逆のタイプだが、時間が経つにつれ絆も深まり、宙と馬場はお互い、誰よりも頼れる大切な存在になっていく。

荒井竜次(佐藤寛太)

荒井竜次 佐藤寛太

25歳。元ヤンキーの自衛官候補生。ケンカっ早くて無愛想。宙とも候補生になる前、ケンカ沙汰になりもめている。入隊後、同じ第一班メンバーとなった宙とは、幾度となくぶつかり合うことが多い…。

 丸山栄一(時任勇気)

丸山栄一 時任勇気

28歳。ガンマニアの自衛官候補生。「本物の銃が撃ちたかった」という理由で入る。元SE(システムエンジニア)。自己肯定感が低い。

武藤一哉(一ノ瀬颯)

武藤一哉 一ノ瀬颯

19歳。暗い過去を持つ一匹狼な自衛官候補生。誰ともコミュニケーションを取ろうとせず、不気味なオーラを放っている。

渡辺淳史(坂口涼太郎)

渡辺淳史 坂口涼太郎

26歳。ひょうきんな自衛官候補生。関西出身で、かつてはお笑い芸人を目指していた。おしゃべりが大好き。

小倉靖男(池田永吉)

小倉靖男 池田永吉

22歳。小説家志望の自衛官候補生。小説のネタ探しの為、入隊した。人見知りでコミュニケーションを取るのが苦手。

西健太(藤岡真威人)

西健太 藤岡真威人

18歳。最年少弟キャラの自衛官候補生。自衛官の父親や兄2人のような逞しい男になりたい!という純粋な希望で入隊した。元気で明るくて人懐っこい。

八女純一(北村一輝)

八女純一 北村一輝

50歳。幹部自衛官・教育隊中隊長(教官)。後輩を育てることに熱意を抱いていて、熱血教官として愛情ある指導で候補生たちを育てていく。高卒で自衛官となった、情に厚く、正義感が強い男。人一倍の努力を積み、現場のたたき上げで階級を上げてきた優秀な自衛官だ。教育隊の中隊長となった八女は、自ら街に出て自分の目で見て、宙や馬場のようなエネルギーを持て余している若者たちを見つけては、声を掛けている。

桜間冬美(白石麻衣)

桜間冬美 白石麻衣

28歳。防衛大学校を卒業したエリート自衛官。現在は教育隊に所属していて、宙たち自衛官候補生らの教官になる。美人で優秀な冬美は、自衛官らのマドンナ的存在。その美しすぎる姿に、宙も初めて会った時、一目ぼれをしてしまう。しかし、冬美の性格はクールでドライ。ヤンチャな宙とクールな冬美は真逆のタイプ。そんな、性格も考え方も違う2人の距離は縮まるのか…。