私の正しいお兄ちゃん ストーリー

  • #Introduction
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話

Introduction

私の正しいお兄ちゃん Introduction

本作は2018年から「BE・LOVE」(講談社)にて連載されたモリエサトシによる同名漫画が原作のジェットコースター・クライムサスペンス&ラブドラマ。主役の内田海利を演じるのは、ミュージカルを中心にドラマ・映画でも活躍する古川雄大。ヒロインは女優歴13年目となる山谷花純。
その他、堀井新太、長谷川純、ダンディ坂野、喜多乃愛、佐津川愛美、橋本マナミ、飯田基祐が花を添える。また、本作のために古川雄大が書き下ろした自身初のドラマ主題歌にも注目。

大学生の理世がアルバイト先で、両親の離婚のため生き別れになった兄に似た面影を持つ海利という青年に出会うところから始まる。眠れないという海利に肩を貸すうちに理世は海利に惹かれていくが、あるきっかけで海利は殺人犯なのでは?という疑惑が・・・。
毎話ラストに衝撃の事実に驚愕し、次の話が気になってすぐに観たくなる、まさにジェットコースター・クライムサスペンス&ラブドラマとなっていますので、是非ご期待ください!!

第1話 恋した相手は、殺人者!?

私の正しいお兄ちゃん 第1話 恋した相手は、殺人者!?

大学生の木崎理世(山谷花純)は、アルバイト先で幼少期に離れ離れになった兄に面影の似た内田海利(古川雄大)と出会う。眠れないという海利に肩を貸すうち、理世は、海利に惹かれていく…。
しかし、海利のアパートで見てしまった日記には「人を殺した罪からは逃れられない」という文章が…。

第2話 初恋と絶望

私の正しいお兄ちゃん 第2話 初恋と絶望

海利が人を殺したかもしれない。そんな疑いを持ちながら海利のアパートを出る理世。名前を呼ばれ振り返ると、そこには日記を持った海利の姿が。「俺があいつを殺したのは…」そう言った海利に怯え、理世は慌てて逃げ帰る…。

第3話 恋しい兄を殺したのは最愛の人

私の正しいお兄ちゃん 第3話 恋しい兄を殺したのは最愛の人

アルバイト先を無断欠勤した理世。心配になった海利は、理世のマンションを訪れる。そこには茫然とした姿の理世が。「お兄ちゃんいなくなっちゃった」という理世に対し、とにかく休もうと部屋に入る海利。2人で布団に入り、眠る。理世は海利にそばにいてほしいと話す。そして、やらなきゃいけないことがあるからと、2人で海利のアパートへ向かう。そこで明らかになる衝撃の真実とは…。

フォトギャラリー

キャスト

古川 雄大
山谷 花純
堀井 新太
ダンディ坂野
喜多 乃愛
佐津川 愛美
橋本 マナミ
長谷川 純
飯田 基祐
ほか

スタッフ

脚本 加藤 綾子、井上 テテ
阿部 沙耶佳、河原 瑶(テレパック)
プロデュース 田淵 麻子(フジテレビジョン)
プロデューサー 河原 瑶(テレパック)
三本 千晶(テレパック)
監督 河原 瑶(テレパック)
制作協力 テレパック
制作著作 フジテレビジョン

私の正しいお兄ちゃん テーマソング「指先、手」

古川 雄大「指先、手」
(シンコーミュージック・エンタテインメント)

私の正しいお兄ちゃん コメント

古川 雄大さん

私の正しいお兄ちゃん 古川 雄大さんコメント 原作と脚本を読ませていただいて、愛と憎しみという二つの感情が交錯していきながら描かれるストーリーに、とても引き込まれました。
この壮大なテーマが一人の女性に襲いかかって葛藤しながら進む展開に、サスペンスとしてもラブストーリーとしても見応えのあるドラマになるよう努めていきたいです。
内田海利は正義感が強く周りから信頼されていますが、大きな闇を抱えている人物です。誰にでも二面性はあると思いますが、隠し通さなければならないもう一つの顔を持って生きる主人公に面白さを強く感じ、物語の展開において重要な部分だと思うので大切にしていきたいです。
そして今回は、主題歌も担当させていただくことになりました。音楽を志した時から自分の楽曲がドラマの主題歌になることが夢でしたので、その願いが叶ってとても幸せです。
人は誰しも、生きていく上で様々な出来事に直面し、傷ついていく中で自分に欠けてしまったものに気付き、それを埋めようとする。
この作品で、海利と理世はお互いに足りない部分を補い合うことで愛を深めていきます。
人は弱い生き物ですが、一人では乗り越えられないことも、愛が大きなエネルギーとなって乗り越え、成長し、生きる糧となっていきます。だからこそ、愛する人の存在を探し求めているのかもしれません。
そんな愛の力と人の儚さを曲に込めました。ご期待ください!

山谷 花純さん

私の正しいお兄ちゃん 山谷 花純さんコメント これまでは、恋の邪魔をする役の方が多かったのですが、ラブストーリーのヒロインに憧れていたので今回こういう機会をいただけて嬉しいです。
私が演じる理世は、ものすごく純粋で一見かよわそうに見えるんですけど、自分の中で決めたことに猪突猛進なタイプで、人前で涙を見せられるような純粋な感情を持っている子。複雑な家庭環境の中で育った子なのですが、それを感じさせないように、明るく元気に演じました。
作品は、二人の出会いから始まる恋愛模様や成長の過程が描かれています。こんな時代だからこそ、人の事をちゃんと信じてもいいんだと思える作品になっています。ぜひ大切な人と一緒に見ていただきたい作品です

モリエ サトシさん

私の正しいお兄ちゃん モリエ サトシさんコメント ・ドラマ化について
1年以上も前に完結した作品に光が当たる機会を与えていただいてとても嬉しく思っています。
ドラマの制作に関して私は全くの素人ですので、基本的にプロの方にお任せしています。
漫画は問題のありそうなシーンもあるのでお話が変わることも想定の範囲でしたし、それも面白そうだと思っていたのですが、概ね漫画をなぞる流れでやっていただけるようです。
とはいえ漫画とドラマ、形が違えば違うものになると思うので、私ではない人が作る『私の正しいお兄ちゃん』がどんなものになるのか、とても楽しみにしています。
コロナ禍の中、関係者の皆さま大変だと思いますが、無事完成されることを祈っています

・主演の古川さんについて
俗物的で申し訳ないのですが、漫画を超える美形っているんだな…というのが第一印象です。
とても印象的な目をされていると感じた方なので、特徴的な目を意識して描いた海利というキャラを演じているところを想像してもしっくりきました。
ただ海利はいろいろあるキャラなので、あのシーンとかこのシーンとかやっていいのかな?と心配したりするのですが、理世のように憎みきれない魅力のある海利になるのだろうと今からワクワクしています!

私の正しいお兄ちゃん 公式Twitter

私の正しいお兄ちゃん FOD

FODアプリのインストールはこちら

FODアプリのインストールはこちら FODアプリのインストールはこちら