S-PARK

毎週土曜 24時35分〜25時15分 & 毎週日曜 23時15分〜24時30分

「S-PARK」とは…

本格派スポーツ情報が満載のニュース番組!
国内外のスポーツ現場に足を運び、
“旬なアスリート情報”をたっぷり深掘りしてお届け。
週末の夜にお楽しみください!

次回放送

土曜日のキャンバス

2024年3月2日(土)

#08 Jリーグ受け継がれし魂
〜次の30年へ〜

土曜日のキャンバス

2月25日、国立競技場で開催されたJリーグ開幕カード
東京ヴェルディ対横浜F・マリノス。
31年前、Jリーグの誕生を華々しく彩った伝説のカードの再現に、
集まった5万3千を超える観客が熱狂に包まれた。

かつて日本のサッカーは世界のレベルに及ばず、人気でも野球に水をあけられていた。
そういった状況を打開すべく発足したJリーグ。
開幕戦を戦った選手たちは少しばかり荒削りでも自らの持てる力の全てを出し切り、
観客にサッカーを楽しんでもらおうと必死だったと語る。

31年の時を経て再現された伝説の一戦。
ピッチに立つ選手の多くはJリーグ誕生の時を知らない。
そして、この31年の間に日本代表はワールドカップ7大会連続出場と4度のベスト16入りを果たし、世界で戦える力をつけた。
ただ、世代は変わっても、サッカーのレベルが上がっても、相手と全力でぶつかって、
観客を楽しませるという選手たちの熱い魂は変わらず残り続けている。

この試合はもう一度原点に立ち返り、Jリーグの新時代の幕開けを告げる大一番。
伝説の一戦を終えた今、ピッチで戦った選手、それを見届けたOBたちは
それぞれこの30年をどう振り返り、次の30年に向け何を思うのか。

野球解説者(※五十音順)

  • 谷繁元信
    谷繁元信
  • 野村弘樹
    野村弘樹
  • 藤川球児
    藤川球児
  • 真中 満
    真中 満

FNNプライムオンライン

『S-PARK』発 最新記事

    キャスター

    • 佐久間みなみ(フジテレビアナウンサー)
      佐久間みなみ
      (フジテレビアナウンサー)
      コメント
    • 中村光宏(フジテレビアナウンサー)
      中村光宏
      (フジテレビアナウンサー)
      コメント
    • 黒瀬翔生(フジテレビアナウンサー)
      黒瀬翔生
      (フジテレビアナウンサー)
      コメント
    • 松﨑涼佳(フジテレビアナウンサー)
      松﨑涼佳
      (フジテレビアナウンサー)
      コメント
    佐久間みなみ(フジテレビアナウンサー)

    佐久間みなみ

    (フジテレビアナウンサー)

    S-PARKキャスターとして何ができるのかな?とワクワクしています。一方で、はじめてのこと尽くしなので(もちろん)不安もあります。今はわからないことだらけですが、取材を重ねて、徐々に自分らしい伝え方を見つけていきたいと思っています。
    その上で、決して背伸びはせず、自らが感じたこと・疑問に思ったことなどを素直に言葉にしていくことを目標に。そして、皆さんと「一緒に」楽しみながらスポーツの面白さや魅力をお届けできたらと思います!

    中村光宏

    中村光宏

    (フジテレビアナウンサー)

    これまで様々な現場で多くのアスリートに取材をさせて頂きましたが、改めてスポーツが日常にあることの喜び、楽しさを噛みしめています。
    それぞれの選手・チームが抱える想い、一瞬に懸ける姿、駆け引き、楽しさを、頼もしき解説陣の皆さんに教えていただきながら、スポーツの奥深さをお届けできるようS-PARKチーム一丸取り組んでまいります。
    夜遅いですが、是非一緒に楽しく、興奮する時間を過ごしましょう!

    黒瀬翔生

    黒瀬翔生

    (フジテレビアナウンサー)

    東京オリンピックでは多くの感動、多くの興奮、多くの涙を見ました。それだけ、選手たちの、その競技にかけてきた想いや熱量というものがあったんだなと実感しました。そして、1プレイ1プレイ、力の籠ったプレイを見るたびに私自身も熱く力が入って、アスリートのみなさんと一緒に戦っているような感覚でした。テレビでアスリートの戦う姿を見ていた方も、きっと一緒だったんではないでしょうか。これがスポーツの1つの力だと感じました。
    そんなアスリートたちの想い・熱量、みんなが一体となるスポーツの力をS-PARKの一員として、これからより一層伝えていきたいです。

    松﨑涼佳

    松﨑涼佳

    (フジテレビアナウンサー)

    目標としていた番組S-PARKでチームの一員になれたことに胸が弾んでいます。さっそく夢が一つ叶いました。初めての番組で不安もありますが、それと同じくらい、これから毎週スポーツの取材ができることが楽しみです。
    スポーツのことも、アナウンサーとしてのスキルもまだまだ勉強中ですが、自分なりの発見や驚きを大切にし、等身大の言葉でお伝えしたいと思います。直接足を運んだからこそ感じた魅力を、温度感をそのままにお伝えできることを目指して、精一杯頑張ります!