アナウンサー密着

永島 優美 アナウンサー

MC編

永島 優美 アナウンサー

最近は“お母さん”と呼ばれるんです(笑)

プロフィール
2014年フジテレビ入社
兵庫県神戸市生まれ
関西学院大学社会学部 出身
担当番組
(2019年7月現在)
『めざましテレビ』(月〜金)メインキャスター
『ジャンクSPORTS』(日)進行

SCHEDULE

スケジュール

  • 永島 優美 アナウンサー

    2:40

    まだ外は真っ暗。フジテレビ正面玄関に、少し眠そうな表情の永島アナが到着しました。「ギリギリまで寝ていて、歯磨きと着替えだけを済ませたら、スッピンのまま出かける。起きて数分で家を出られる、まさに男子中学生のような朝」とのこと。

  • 永島 優美 アナウンサー

    3:00

    あ・え・い・う・え・お・あ・お。
    本番用の衣装に着替えた後、会議室の壁に向かって発声練習をする永島アナ。徐々に声が目覚めていきます。普段は電気をつけず、真っ暗な中で行うそうです。

  • 永島 優美 アナウンサー

    3:55

    MC、エンタメなど、各パートの担当者と段取りの確認が続きます。「この打ち合わせの前のメイクで、本番へのスイッチが入ります。報道センターに入るとやはり背筋が伸びますし、放送の流れを掴む大切な時間です」

  • 永島 優美 アナウンサー

    4:55

    生放送ならではの緊張感の中、本番スタート。三宅アナとの呼吸もぴったりです。「 “ながら見”の視聴者の方が多い朝の時間帯ですから、特にゆっくり、はっきり、わかりやすく読むということを心がけています」

  • 永島 優美 アナウンサー

    6:55

    慌ただしい報道センターでニュースを読む永島アナ。「実はこの時間がいちばん緊張します。速報などがいつ入ってくるかわからない状況なので、集中力をもう一段高めて周りの雰囲気に引っ張られないようにします」

INTERVIEW

インタビュー

永島 優美 アナウンサー

アナウンサーを目指したきっかけを教えてください!

永島 優美 アナウンサー

永島

大学1年生の頃、人見知りの性格を変えたくて神戸の観光大使に応募しました。人前で話すことも多く、最初は全然うまくいかなかったのですが、一年後には少し上達することができました。元々苦手意識が強かった分、徐々に上達していく感動が大きくて、アナウンサーという仕事に憧れるようになりました。

MCの仕事で大変なことはありましたか?

永島 優美 アナウンサー

永島

入社してから3年半くらい、自分らしさが何かまったくわからず悩み、すごく苦しい時期がありました。そもそも私は不器用なんです…。そんな私を「めざましテレビ」の出演者とスタッフが、いじってくれたおかげで開き直ることができました。もし私が失敗しても、周りの方が助けてくださると信じているので、今では肩の力が抜けて、自分の思うようにやらせていただいています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

MCの仕事をしていく中で最近変わってきたことは
ありますか?

永島 優美 アナウンサー

永島

まだ入社6年目なのですが、「めざましテレビ」の女性陣の中で一番の年長になりました。最近では、三宅アナや軽部アナに「後輩たちのこと頼むよ、お母さん」と言われるようになりました笑
そこで最近では、後輩アナウンサーが話しやすいような“いいパス”を出すことを意識しています。そうしているうちに、番組の中での自分のポジジョンがより明確になってきたように感じます。
メインMCとして、もっと番組全体を見渡せるようになっていきたいです。

永島 優美 アナウンサー

フジテレビアナウンス室の雰囲気を教えてください!

永島 優美 アナウンサー

永島

後輩の井上アナや杉原アナ(※インタビュー当時の新人アナ)に、「アナウンス室に配属されてどう?」と聞いたら、「本当に毎日楽しいです!」と満面の笑みで答えてくれました。それがとても嬉しくて、二人の表情がすべてを物語っていると思います!

永島 優美 アナウンサー

就活生へのメッセージをどうぞ!

永島 優美 アナウンサー

永島

私も悩んで苦しい時期もあったのですが、1日たりとも会社に行きたくないと思った日はありません。フジテレビには壁にぶつかっても支えてくれる素敵な先輩がたくさんいますので、希望を持って入ってきてほしいと思います。