オンエア

オンエア
photo

その他12月16日(日) 20:00~(一部地域を除く)

劇場版 ドラゴンボールZ 復活の「F」

最新作 映画「ドラゴンボール超 ブロリー」公開記念
かつて世界を絶望させた「F」が復活!!


破壊神ビルスとの闘い後、再び平和が訪れた地球にフリーザ軍の生き残りであるソルベとタゴマが、ドラゴンボールを求めて近づいていた。その目的は、軍の再起のためにフリーザを復活させること。宇宙史上最悪のその願いは遂に叶えられ、蘇ったフリーザは悟空たちサイヤ人への復讐を目論む…。そして、地球に新フリーザ軍が押し寄せ、悟飯、ピッコロ、クリリンらは1000人の兵士と激突。悟空とベジータは、フリーザとの宿命の対決へと挑むが、フリーザは圧倒的なパワーアップを果たしていた!
「お見せしましょう…わたしの更なる進化を!!」
今、限界を遥かに超えた戦士たちの空前絶後の戦いが幕を開けようとしていた―。

2015・日本
原作・脚本・キャラクターデザイン
  • 鳥山明
監督
  • 山室直儀
声の出演
  • 孫悟空・孫悟飯 … 野沢雅子
    フリーザ … 中尾隆聖
    ビルス…山寺宏一
    ウイス…森田成一
    ベジータ…堀川りょう

Copyright  © バードスタジオ/集英社
 ©「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

 
 
photo

その他12月20日(木) 21:00~(一部地域を除く)

ミニオンズ

「ミニオンズ」「ペット」「SING/シング」イルミネーション最新作
「グリンチ」公開記念!!


「ミニオンズ」「ペット」「SING/シング」など数々のヒット作を手がけたイルミネーション最新作「グリンチ」公開記念!!
全世界を魅了するあの大人気キャラクター“ミニオン“の起源に迫る!
彼らはいったい何者で、なぜ怪盗グルーに仕えることになったのか!?
ミニオンの壮大な歴史と、怪盗グルーに出会うまでの驚くべき秘密が明らかに!!


黄色い謎の生物ミニオンは、人類が誕生する遥か昔から存在したらしい!
彼らの生きがいは、その時代の最強で最悪なボスの仲間になること!
過去にはTレックス、ドラキュラ、ナポレオンなど、そうそうたるボスに仕えてきた。
しかし、そのボスたちの命はなぜか長続きしない。
仕えるボスを探し求め、彷徨い、たどり着いたのは無人の氷の洞窟。洞窟の中で独自の文化を築き上げるが、ボスがいない生活の中で、次第にミニオンたちは、生きる気力を失っていってしまう…。

ミニオンたちの滅亡の危機が迫りつつあった1968年(怪盗グルーに出会うまであと42年!)、
そんな状況を改善するため、3人のミニオン―――ケビン・スチュアート・ボブが仲間たちを救うべく立ちあがった!!

地球史上“最強最悪”のボスを探す旅が今、始まる!!

2015年・アメリカ
監督
  • ピエール・コフィン&カイル・バルダ
製作
  • クリス・メレダンドリ
  • ジャネット・ヒーリー
製作総指揮
  • クリス・ルノー
キャストと声の出演
  • 役名/日本語版声優/英語版声優
    スカーレット・オーバーキル(天海祐希 /サンドラ・ブロック)
    ハーブ・オーバーキル(宮野真守/ジョン・ハム)

    ウォルター・ネルソン(設楽統(バナナマン)/マイケル・キートン)
    ウォルターJr.・ネルソン(日村勇紀 (バナナマン)/マイケル・ビーティ)
    マージ・ネルソン(LiSA /アリソン・ジャネイ)
    ティナ・ネルソン(藤田彩華/ケイティ・ミクソン)

    ミニオン・ケビン(多田野曜平/ピエール・コフィン)
    ミニオン・スチュアート(青山穣/ピエール・コフィン)
    ミニオン・ボブ(佐藤せつじ/ピエール・コフィン)

    グルー(笑福亭鶴瓶/スティーヴ・カレル)
    ナレーター(真田広之/ジェフリー・ラッシュ)

Copyright © 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

 
 
木村拓哉主演 映画「マスカレード・ホテル」公開記念 土曜プレミアムにて劇場版「HERO」全2作放送 番組内では木村拓哉 最新作 映画「マスカレード・ホテル」映像もあるよ

■劇場版第1弾:「HERO」(2007公開)

<土曜プレミアム> 映画 「HERO」
2019年1月5日(土) 午後9時~(一部地域を除く)

■劇場版第2弾:「HERO」(2015公開)

<土曜プレミアム> 映画 「HERO」
2019年1月19日(土) 午後9時~(一部地域を除く)

■ドラマシリーズ「HERO」(2001放送)

2018年12月14日(金)~12月28日(金) メディアミックスα枠にてリピート放送
15時50分~(関東ローカル)
※放送時間変更の可能性あり

■ドラマシリーズ「HERO」(2014放送)

2019年1月3日(木)午前9時~(関東ローカル) #1&#2
2019年1月7日~1月18日(金) #3~ メディアミックスα枠にてリピート放送
15時50分~(関東ローカル)
※放送時間変更の可能性あり

■スペシャルドラマ『HERO』(2006放送)

2019年1月12日(木) 〈土曜ワイド〉13時30分~(関東ローカル)リピート放送
※放送時間変更の可能性あり
 
photo

土曜プレミアム1月5日(土) 21:00~(一部地域を除く)

HERO(2007)

木村拓哉主演・伝説の超人気ドラマの劇場版!
久利生公平、最大の危機!世界がHEROを待っていた。

主人公・久利生公平(木村拓哉)は「中卒」の「スーツを着ない」型破りの「検事」。
ドラマシリーズは、そんな斬新なキャラクターの魅力と、サスペンスフルでありながらコミカルさと遊び心満載のストーリー構成が観るものの心をつかみ、世帯平均視聴率が全話30%を超える驚異的な数字を打ち出した。また、その後のテレビスペシャルでは視聴率30.9%という高い数字をたたき出し、ドラマシリーズから5年という歳月を経てなお色褪せない人気を証明した。

今回の映画で描かれるのは、テレビスペシャルのラストで、久利生が6年ぶりに東京地検“城西支部”に戻り、仲間と再会したあとの話。
久利生公平(木村拓哉)、雨宮(松たか子)との名コンビ、さらにイ・ビョンホンらの豪華キャストでお送りし、ドラマを見ていた人にもそうでない人にも楽しめる、映画ならではのスケール感と、人間の奥深さ、そして久利生と雨宮との関係にもご注目!


沖縄、北海道、山口を経て、東京地検城西支部に再び戻ることになった久利生公平(木村拓哉)。
 相変わらずの城西支部の面々とともに、窃盗・傷害などの刑事事件を担当する。そんな中、久利生は、同僚の芝山検事(阿部寛)が起訴したある傷害致死事件の裁判を任された。容疑者が既に犯行を認めていたため、裁判は簡単に結審すると誰もが思っていた矢先、事件は思わぬ方向へ。容疑者が初公判で犯行を全面的に否認し無罪を主張したのだ。どよめく法廷で、冷静沈着に久利生に対峙する男……。刑事事件無罪獲得数日本一の弁護士・蒲生一臣(松本幸四郎)。実はこの事件の真相の裏には、ある大物政治家(森田一義)の姿が……。
 この裁判の結果が、政界を揺るがす贈収賄事件の発覚に繋がっていたのだ。

久利生を徹底的に苦しめる予測不可能な事件の真相…。久利生はどんなことがあっても真実を明らかにしようと、事務官の雨宮舞子(松たか子)とともに奔走する。そんな彼の姿に城西支部の仲間たちもこの事件の証拠探しを手伝うのだが……。久利生と雨宮、そして城西支部の面々が今までにない窮地に追い詰められながらも、この事件の鍵を握る証拠が韓国・釜山にあることを突き詰める。現地で潜入捜査を開始するなか、東京地検は韓国のエリート検事、カン・ミンウ(イ・ビョンホン)に捜査協力を要請するのだが…。

2007年・日本
監督
  • 鈴木雅之
脚本
  • 福田 靖
出演
  • 木村拓哉 松たか子
    大塚寧々 阿部 寛 勝村政信 小日向文世 八嶋智人 角野卓造 児玉 清
    森田一義/中井貴一/イ・ビョンホン(友情出演)
    国仲涼子 綾瀬はるか/香川照之 岸部一徳
    松本幸四郎(現・ 松本白鸚)

Copyright  © 2007 フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社

 
 
photo

土曜プレミアム1月19日(土) 21:00~(一部地域を除く)

HERO(2015)

木村拓哉・北川景子をはじめとするテレビドラマ「HERO シーズン2」のレギュラーメンバーはそのままに、今作には松たか子扮する雨宮舞子も登場!
物語の舞台は、決して踏み込んではならない「大使館」という“絶対領域” この乗り越えられない「壁」を前に、ある事件の真相を追う久利生と城西支部はかつてなかったような闘いを見せる!


ネウストリア公国大使館の裏通りで、パーティーコンパニオンの女性が車にはねられて死んだ。東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手を取り調べする。すると、ふたりの前に、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れた。現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が、久利生が担当する事故の被害者女性だったのだ。
これは単なる交通事故ではない。そう感じた久利生と雨宮は合同捜査を開始するが、雨宮は久しぶりに再会した久利生のあまりの変わらなさに呆れる。事故当時の状況を知るために、ネウストリア公国の大使館員から話を聞こうと、大使館に出向き直接交渉を試みるものの、あっさり断られる久利生。なぜなら、大使館には日本の司法がまったく及ばない「治外法権」が存在するからだ。言ってみれば、それは「日本のなかに存在する外国」。国際社会における各国の当然の権利であり、たとえ正義の名の下にでも、それを侵すことは外交を崩壊させかねない禁断の行為でもあった。
諦められない久利生はアプローチを重ねるが、当然の事ながら大使館側はまったく応じず、やがて、事態を重く見た日本の外務省・松葉圭介(佐藤浩市)から、思いがけない圧力さえかかってくることに。さすがの久利生も、「大使館」という決して侵してはならない「絶対領域」の前になす術なく、捜査が進展せず暗礁に乗り上げてしまう…。
果たして、久利生は「大使館の壁」の向こう側にある“真実”に辿り着くことができるのか―。

2015年・日本
監督
  • 鈴木雅之
脚本
  • 福田 靖
音楽
  • 服部隆之
出演
  • 木村拓哉 北川景子 杉本哲太 濱田 岳 正名僕蔵 吉田 羊 ・ 松重 豊
    八嶋智人 小日向文世 角野卓造 / 松 たか子 佐藤浩市

Copyright  © 2015 フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社