劇場作品

劇場作品 劇場作品一覧
2023.1.13 公開

イチケイのカラス

■Introduction
入間みちお(いるまみちお)が“イチケイ”を去ってから2年後。岡山県瀬戸内に異動になったみちおは、史上最年少防衛大臣にまつわる傷害事件を担当。事件の背景にあった近海で起きたイージス艦の衝突事故を調べていくが、航海内容は全て国家機密。みちおは伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵に挑んでいくこととなる。一方で、みちおと共に数々の事件を裁いてきた坂間千鶴(さかまちづる)は裁判官の他職経験制度のもと、みちおの隣町で弁護士として働き、町を支える地元大企業に関わる事件を担当するが、そこにある疑惑が―。
一見異なる2つの事件に隠された衝撃の真実。それは開けてはならないパンドラの箱だった―!?
 ドラマよりさらにスケールアップしたストーリーで、“法廷イチのくせ者”たちがスクリーンで帰ってきます! 自由奔放なクセ者裁判官・入間みちお役を、90年代のデビューから30年近く第一線で活躍し続け、シリアスな役からギャップのあるコミカルな役まで骨太に演じ、人気を獲得し続けるトップ俳優・竹野内豊が、超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴役を、ドラマ、映画、舞台で唯一無二の存在感を放ち、数々の賞を受賞している実力派女優・黒木華が続投! 本作では、坂間が裁判官の他職経験制度を利用し、「弁護士」として登場。法廷でまさかの“裁判官・入間VS弁護士・坂間”の対決が勃発か!?
 
メガホンをとるのは、大ヒット映画『コンフィデンスマンJP』シリーズはじめ、数々のヒット作をコミカルかつ心温まるヒューマンストーリーで手掛ける田中亮監督、そして、脚本には映画『プラチナデータ』やドラマ「絶対零度」シリーズを手掛ける浜田秀哉、2人がドラマから引き続きタッグを組みます!

2023年1月13日(金)公開


■Story
入間みちおが、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を去って 2 年。
異動先の熊本で多くの「みちおの犠牲者 」を出したみちおは、岡山県瀬戸内の長閑な町に再び異動になっていた。

異動早々、みちおが担当することになったのは、平凡な主婦が史上最年少防衛大臣に包丁を突きつけたという傷害事件。事件の背景には、近海で起きたイージス艦と貨物船の衝突事故が関係していた。
不審点だらけの衝突事故。みちおはもう一度調べようと動き出す。
だが、イージス艦の航海内容は全て国家機密。
みちおの伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵であり、さらに最年少防衛大臣が立ちはだかる…!!

一方、坂間千鶴は、「裁判官は必ず他職を 2 年経験しなくてはいけない」 という慣習から、弁護士として活動を始めていた。配属先は…奇しくもみちおの隣町…!
そこで出会った人権派弁護士と新たにバディを組み、小さな事件にも全力投球していく。そして、人々の悩みに寄り添う人権派弁護士の姿に、次第に心惹かれていく…。
そんな中、町を支える地元大企業のある疑惑が浮かび上がる―。

2つの事件に隠された、衝撃の真実。
それは決して開けてはならないパンドラの箱だった――!?
果たしてみちおは≪正しい判決≫を下すことが出来るのか…!!?



■Cast
竹野内豊 黒木華 


■Staff
監督:田中亮
脚本:浜田秀哉
原作:浅見理都「イチケイのカラス」(講談社『週刊モーニング』)
製作:映画「イチケイのカラス」製作委員会
配給:東宝

2023.1.13 公開
 

Copyright  ©︎2023映画「イチケイのカラス」製作委員会