TVer 最新話無料配信 TVer 最新話無料配信

元彼の遺言状

2022.03.29

生田斗真さんが綾瀬はるかさん演じる麗子の亡き元彼・栄治役!さらに、栄治の兄・富治も演じ一人二役の難役に挑む!

NEWS

※左が富治、右が栄治

『元彼の遺言状』(4月11日スタート・毎週月曜よる9時)で、主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼で、物語のカギを握る森川栄治役を演じる生田斗真さん。栄治は、爽やかで温厚、我の強い麗子すらも魅了した美青年ですが、実は生田さんは、栄治役だけでなく、栄治の兄・森川富治(もりかわ・とみはる)役として、一人二役という難役に挑みます!

栄治と富治は、見た目は瓜二つの兄弟ですが、性格は正反対。社交的で人懐っこく、女性にモテまくる栄治に対し、富治は内向的で何を考えているのか読めないタイプ。富治は大手製薬会社・森川製薬の社長・森川金治(もりかわ・かねはる/佐戸井けん太)の長男ですが、会社を継ぐ意志はそもそもなく、今は大学准教授として文化人類学を教えています。欲望に溺れる森川一族においても異常なほどに無欲な富治は、祖母の遺産を一切拒否し、弟の栄治に相続させました。自身を“幽霊”と卑下するほどに存在感は薄く、あまり人との関わりを持とうとしない富治。金治や叔母の真梨子は、栄治の遺言の意味が理解できず躍起となりますが、ひとり冷静な富治は、「栄治も浮かばれませんね。(遺言の意味は)あなたみたいな人に言っても理解できませんよ。だから栄治も理由を書かなかったんじゃないですか」と、吐き捨てるようにつぶやきます。栄治が遺言に託したメッセージを読み取っている様子の富治を怪しむ麗子と篠田(大泉洋)は周辺への聞き込みを開始。次第に、富治と栄治をつなぐ数奇な宿命が明らかになっていきます。

栄治と富治を見事に演じ分け、作品に不穏なサスペンスを投じる生田さんの熱演をお見逃し無く!

コメント

生田斗真さん

台本を読んだ感想は?
本当に面白くて、とんとんとんとん引き込まれていく脚本でした。鈴木監督やプロデューサー陣は、“古き良きミステリーを作りたい”と仰っていたので、こういうロケーションも含めて、クラシックな雰囲気が漂う現場を日々楽しんでいます。

元彼の栄治を演じるにあたって考えたことは?
栄治はお金持ちでボンボンだけど、“なんか憎めないよね”って思ってもらえるような、たくさんの人に愛されるキャラクターを構築したいと思います。過去と現在、二つの時間軸があるので、時間の流れが感じられるよう、表現できたらいいなと思います。

撮影現場の雰囲気はいかがですか?
とても明るくて和気あいあいとした現場です。綾瀬さんも大泉さんも、とても前向きで明るい方々なので、常にみんな寄り合って撮影に臨んでいます。長年トップランナーでいらっしゃる鈴木雅之監督はアイデアもあってユーモアもある。そして何より、役者やスタッフを愛している。作品をよくするための情熱を持っていらっしゃって、とても信頼しています。

綾瀬はるかとの共演について感じたことは?
これまで同じ作品に出演したことはありましたが、ガッツリご一緒するのは今回が初めてなので、すごく新鮮ですね。綾瀬さんはとても透明感があるし、芯の強さも感じる。スタッフの皆さんに愛されているなあと感じる女優さんですね。

綾瀬さん演じる麗子の魅力とは?
“優しいところが好きなんだよね”というセリフが出てきますが、その言葉の通り、彼女の強さの奥にある、優しさや柔らかさに惚れたんだと思います。麗子ちゃんの思い出にしっかり残るような元彼を演じたいと思います。

大泉洋さんとの共演についてはいかがでしょうか?
ぼくも北海道出身で、どこかで近い存在に感じていたので、今回ご一緒できて光栄です。とてもお話好きな方で、現場でも気遣って話しかけてくれたりして、頼りになるお兄さんという感じです。

栄治、富治の一人二役を演じるにあたって意識されていることは?
栄治と富治はある種、表裏一体で背中合わせのような関係です。その雰囲気をきっちりと表現したいですね。ミステリー作品において、富治の存在はストーリーに大きく関わってきますので、その役割をしっかり果たしたいと思います。

視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。
クラシックミステリーの世界観が、新鮮に映る方もいらっしゃれば、懐かしく感じる方もいらっしゃると思います。ドラマを見ていただけるのが楽しみです。ぜひご覧下さい。

プロデュース・金城綾香(フジテレビ第一制作部)

「奇妙な遺言状を残した、麗子のかつての恋人。この物語のはじまりを生み出した栄治は、誰もが恋に落ちてしまう色男であり、つらい運命を背負った悲しい若者でもあります。そして、栄治の兄である富治は、また弟とは違う苦しみと闘う男性です。このミステリーの本軸となる二人の男性キャラクターを、たった一人で演じていただくには生田斗真さんしかいないと思いキャスティングさせていただきました。綾瀬さん演じる麗子と、生田さん演じる栄治との出会いも描かれますので、ぜひ楽しみにしていてください!」

BACKNUMBER